주요 기사 바로가기

軍の機密31件流出…軍からの天下り社員が不正=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.16 08:53
0
現役領官級軍将校が武器仲介業者から金品と接待を受けて「次期護衛艦(FFX)」「小型武装ヘリコプター事業」など、2・3級軍事機密31件を持ち出していたことが明らかになった。該当業者に天下りで入った人物らが核心ロビー役をした。

ソウル中央地検は15日、国軍機務司令部との合同捜査で、武器仲介業者の理事と部長(予備役海軍大尉)を軍事機密保護法違反と贈賄容疑で拘束起訴したと明らかにした。同じ会社のコンサルタントである予備役空軍中領も在宅起訴した。

国防部検察団は彼らに3級軍事機密を渡した空軍本部の中領と防衛事業庁所属の陸軍少領を軍事機密保護法違反と贈収賄容疑で拘束起訴した。また、3級軍事機密2件を渡して250万ウォンのギターを受け取り遊興酒店で接待を受けた防衛事業庁所属の空軍大領は在宅起訴した。

理事は2008年から陸海空軍の武器導入事業の機密を大量に得ていた。流出した資料は敵の衛星利用測位システム(GPS)かく乱電波を無力化する航空機アンチジャミング装置など31件の事業機密だった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP