주요 기사 바로가기

開城で「ミサイル示威」…発射地点も徐々に南下(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.14 09:23
0
北朝鮮が13日午前、スカッドCミサイル2発を発射した。6月29日と7月9日に続き、この半月間で3度目となる。今年に入って5度目で、計10発のスカッドCを発射している。スカッドCは射程距離500キロの短距離弾道ミサイル。

北朝鮮が1980年代に開発したスカッドCは1発を発射するのにかかる費用が50億ウォン(約5億円)前後にのぼる。匿名を求めた脱北者は「北がイランなど海外に販売するミサイルは射程距離1キロあたり1万ドルとする」とし「500キロ飛行するスカッドCの場合、500万ドルの値をつける」と話した。輸出用でない場合、費用が下がるという点を考慮しても、移動や実際の射撃に動員される装備などを考えると、この日2発の発射にかかった費用は100億ウォンにのぼるというのが軍当局の観測だ。北朝鮮は通常、元山(ウォンサン)近隣や平安南道ファジンなど東・西海岸でミサイル試験発射をしてきたが、最近は発射地点を拡大している。

13日には開城(ケソン)の北西側10キロ地点から発射した。休戦ラインからはわずか20キロほどの距離だ。9日の発射地域も黄海道平山付近だった。軍の関係者は「9日には黄海道平山一帯にある基地から出た車両移動式ミサイル発射台(TEL)が森やトンネルなどに隠れ、未明に奇襲的に発射した」と明らかにした。今回は当時に比べ発射地点をさらに20キロ南に移した。最近は2回の発射ともに内陸を貫き、東海岸側に500キロほど飛ばした。

先月30日の国防委員会の特別提案では、南北相互誹謗中止を取り上げ、仁川(インチョン)アジア競技大会選手団・応援団派遣を推進しながらも、南北和解協力の結果である開城工業団地付近からミサイルを発射したのだ。全賢俊(チョン・ヒョンジュン)北東アジア平和協力研究院長は「射程距離3000キロにのぼるミサイルを保有している北朝鮮がスカッドCばかり動員するのは、米国や日本を刺激せず、韓国全域を射程距離に置いたミサイルをいろいろな所から発射し、圧力を加えて注目を引こうという意味」と分析した。
開城で「ミサイル示威」…発射地点も徐々に南下(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP