주요 기사 바로가기

日本から送られたバラの花250輪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.14 08:00
0
「悲しみを少しでも和らげることができればと思い…(中略)…この一輪のバラに香りはないが、このような私の心を伝えることができるなら、そう考えて一つ一つ編み続け、手が痛くてもやめることができなかった…」。

日本広島の名も知らない高齢の女性がこのような手紙とともに毛糸で編んだ250輪のバラを、旅客船セウォル号の事故で犠牲になった京畿道安山(アンサン)檀園高の生徒の家族に伝えていたことが分かった。

犠牲者の家族によると、今月初め、外交部の職員が安山の政府合同焼香所に手紙と花が入った箱を持ってきて遺族の代表に伝えた。広島の韓国大使館が受けて送ったものだ。花は大人の手のひらほどで、手紙は手書きした後にコピーしたものだった。

手紙には「広島に住む70歳のおばあちゃん」と書かれているだけで、身元は明らかにしなかった。所々にハングルの誤りがあり、ぎこちない表現があったが、字体は比較的整っていた。ハングルを知る人が代わりに書いたようだ。

女性は手紙で「セウォル号に乗った若者と同じ年齢の孫が3人いる」と伝えた。「いつのまにかの周囲に多くの人たちが集まることになり…」と、知人が一緒に作ったことを示唆した。また「海を挟んで違う国に住む私たちだが、悲しみと幸せを一緒に分かち合うことができる友人になれるでしょう」と書いていた。

花と手紙は一つずつ遺族に配られた。遺族は250輪が犠牲になった275人の生徒を意味すると解釈した。犠牲になった生徒の母オムさん(40)は「花を受け、感謝の気持ちで涙が止まらなかった」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本から送られたバラの花250輪

    2014.07.14 08:00
    뉴스 메뉴 보기
    セウォル号事故で犠牲になった檀園(ダンウォン)高の生徒の遺族が受けた花と手紙。日本語で「いつもあなた方のことを思っています。日本のおばあちゃんより」と書かれている。(写真=檀園高遺族)
    TOP