주요 기사 바로가기

中国のテスラに驚いた本物のテスラ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.09 13:09
0
中国の商標権ブローカーに世界的な電気自動車メーカーのテスラが苦しめられている。テスラは100%電気だけで動く自動車を生産する会社だ。最高時速200キロメートル、1回の充電で400キロメートル走行する高性能電気自動車で有名だ。昨年20億ドルを超える売り上げを記録するなど急速に成長し主要国に進出している。

そんなテスラが中国で苦戦する理由は、消費者がテスラの製品にそっぽを向いているからではない。8年前にテスラという名前とロゴを商標登録した中国人のためだ。ブルームバーグは8日、「36歳の事業家占宝生が3日、テスラを相手取り北京の裁判所に訴訟を提起した。テスラの商標権を持つ自分に2390万元を支払い、一切の事業を中断するようテスラに要求した」と伝えた。

広東省に住む企業家の占は2006年にテスラの英名「TESLA」、中国語名「特斯拉」だけでなく、「T」の字を図案化したロゴまでコピーして国家工商行政管理総局商標局に登録申請した。イーロン・マスクが米国でテスラを設立してから3年しかたっていない時だ。中国でテスラがあまり知られていなかったため商標局は占の申請を受理した。占は「www.tesla.com.cn」というインターネットドメインまで取得した。

問題はテスラが2012年に中国進出を宣言して大きくなった。テスラは中国で有効な自社商標権がまったく関係ない人物に移っていることを発見した。占と接触し商標権を売るよう要求したがうまくいかなかった。テスラは2012年に5万ドル、2013年には30万ドルと値を上げたが占は首を縦に振らなかった。結局中国政府が乗り出し、「占の特許登録は有効でない」としてテスラ側の手を上げた。占はこの決定に不服として訴訟を起こした。ブルームバーグは「国家工商行政管理総局のサイトによると、占は自動車メーカーのロレモ、電池メーカーのコバシス、検索エンジンのクールの商標権も登録していた」と報じた。テスラの広報担当者は、「占の商標権登録は盗み。私たちの商標を盗んだ占を相手に強力に対応する」と話した。

だが、状況はテスラに有利なばかりではない。名前の起源のためだ。テスラという商標はトーマス・エジソンと肩を並べる天才電気工学者ニコラ・テスラから取った。占は「テスラという電気自動車会社は知らなかった。ニコラ・テスラの名前に着眼した」と主張している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国のテスラに驚いた本物のテスラ

    2014.07.09 13:09
    뉴스 메뉴 보기
    中国の「テスラ」のロゴ
    TOP