주요 기사 바로가기

5000億ドル規模の世界水市場に韓国も進出すべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.08 13:11
0
「来年の第7回世界水フォーラムは年間5000億ドル規模の世界の水市場に韓国企業が本格的に進出する契機になるでしょう」。

4日にソウルの世界水フォーラム組織委員会事務室で会った李廷武(イ・ジョンム)委員長は、「来年4月12~17日に大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)で開かれるこの行事は水関連国際行事の中で最大規模」と説明した。組織委は180カ国から3万5000人以上が参加するこの行事を通じ2600億ウォンの経済的便益と2500件の雇用も作れると期待している。

李委員長と組織委は9~12日に慶尚北道尚州(サンジュ)とソウルで第3回アジア太平洋大学生水議会も進める。来年の行事を成功裏に開催するための努力の一環だ。

李委員長は、「大学生水議会は韓国外語大学の学生100人が模擬世界水フォーラムを開き、議会形式の議論を経て『水宣言文』も発表することになる。未来の主役である大学生に地球レベルの水問題に関心を持たせるための行事」と話した。

李委員長は韓国の水(みず)産業規模は世界8位だが、世界市場でのシェアは0.3%にすぎないという点を指摘し、世界水フォーラムを契機に韓国の水産業市場が量的・質的に大きく成長できると期待する。海水淡水化プラント部門と上下水道分野など世界を先導する技術を韓国で保有しているというのが李委員長の評価だ。

韓国水フォーラム総裁も兼ねている李委員長は「このところ中部地方の日照りが激しいが都市の人たちは水が不足することを知らない。1970~80年代に多目的ダムを建設したおかげだ」と水の大切さを強調した。李委員長は「シンガポールやトルコなど海外で開かれる水関連会議に参加してみると、彼らの水に対する関心は非常に大きい。気候変動が進めば水を浪費する韓国の人々はあわてふためくことになりかねない」と指摘した。

李委員長は、「世界水フォーラムまで1年を控えた4月に大々的な広報行事を準備したが、セウォル号事故のため取り消すほかなかった。市民が水の大切さについて改めて考え、来年の行事でもより多くの関心を見せてほしい」と付け加えた。李委員長は第13代、第15代国会議員と自由民主連合院内総務、建設交通部長官を努めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    5000億ドル規模の世界水市場に韓国も進出すべき

    2014.07.08 13:11
    뉴스 메뉴 보기
    李廷武(イ・ジョンム)委員長
    TOP