주요 기사 바로가기

「派手な技巧より汗の臭い」…41歳の俳優チョン・ウソンの「アクションの定石」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.07 16:27
0
1/2
映画『神の一手』で鋭い視線だけで相手の手を読むプロの囲碁棋士テソクを演じた俳優のチョン・ウソン。しかしチョン・ウソンは碁の打ち方を知らない。彼は「プロ棋士から手ほどきを受けようとしたが遅すぎると言われた。代わりに暇さえあれば人差し指と中指の間に碁石を挟んで下ろす練習をした」と話した。(写真提供=ショーボックス(株)メディアフレックス)
「瞬間瞬間でベストを尽くすのが私の人生の『神の一手』だ」。

囲碁を素材にしたアクション映画『神の一手』(3日公開、チョ・ボムグ監督)の主演俳優チョン・ウソン(41)は撮影場の幸福感を遠回しに囲碁に例えた。『神の一手』はハリウッドのブロックバスター映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』(6月25日公開、マイケル・ベイ監督)の爆発的な興行の中でも、6日現在、観客100万人を突破して善戦を繰り広げている。

映画でチョン・ウソンはプロの囲碁棋士テソクを演じた。自身の兄(キム・ミョンス扮)を殺したサルス(イ・ボムス扮)一味に復しゅうするため片手に碁石を、片手には拳を握る。

チョン・ウソンがこの映画を選んだ理由はアクションのためだ。「どれも似たような物語と構造のアクション映画に出演するのは嫌だった。しかし『神の一手』は違った。自分が見せたいものをアクションを通じてはっきりと伝えることができるという点がアクション映画の魅力だ」

チョン・ウソンは監督の間ではスケールとスピードを合わせ持つアクション俳優として知られている。『ビート』(1997年、キム・ソンス監督)、『MUSA-武士-』(2001年、キム・ソンス監督)、『グッド・バッド・ウィアード』(2008年、キム・ジウン監督)、『監視者たち』(2013年、チョ・ウィソク/キム・ビョンソ監督)等、デビュー当初からさまざまなアクション映画で活躍してきた。187センチという長身から繰り出されるスピード感ある動作にはキレがある。

このような長所が『神の一手』でも光を放っている。同作のアクションはチョン・ウソンとチェ・ボンロク武術監督が共同で設計した。チョン・ウソンは「アクションの時はギリギリまで追い込まなければならない。アクション場面のカットを短く分ける目くらましでは撮影場の汗の臭いは伝わらない」」と話した。冷凍倉庫のアクションシーンの撮影時にはヒジがカメラにぶつかって大ケガをした。しかしチョン・ウソンは「ヒジの骨が砕けてカラカラ言っている」と、大したことではなさそうだった。

「着手」(碁盤の上に石を置くこと)の場面は、チョン・ウソンが最も気を使い心血を注いだ部分だ。彼は「プロの囲碁棋士に見えるように着手の練習を一生懸命した」としながら「しかしこの作品は囲碁映画でなくアクション映画であることを観客には念頭に置いてほしい」と話した。

今年はチョン・ウソンにとって特別な年だ。デビュー20周年を迎えた。青春のアイコンとして注目されてプロの演技者として認められるまで、常に最高の座を維持してきた秘訣が気になった。その返事は模範的だった。「固定されたイメージを破り、常に新しいことに挑戦してきたため」と語った。

「30代初盤までは大衆は私に憂いをたたえた青春のイメージだけを求めていた。それとは違う姿は受け入れようとしなかった。しかし今は私が変わった役どころに挑戦する姿を余裕をもって眺めているような感じだ。それだけ大衆と長い時間を一緒に歩んできたからではないだろうか」

チョン・ウソンのスケジュールには余裕がない。映画『マダム・ペンドク』(イム・ピルソン監督)に続き『私を忘れないで』(イ・ユンジョン監督)の撮影で忙しい毎日を送っている。『私を忘れないで』では製作者としても参加している。また他のアクション映画への出演も検討している。

「何も分からなかった20代の初め、体と情熱だけで俳優になった。それから映画の撮影現場で一緒に作業するスタッフ等を見ながら多くのことを学んだ。今でも映画を通じて人生の助言を得て、他の俳優の演技を見ながら刺激を受ける」。俳優チョン・ウソンの「青春」は今も進行中で、映画とともに熟成している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP