주요 기사 바로가기

<韓中首脳会談>昌徳宮訪れた彭麗媛夫人…「韓国に配慮」して白い服(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.04 11:22
0
中国のファーストレディ・彭麗媛氏(52)が3日、韓国を国賓訪問した。彭夫人は夫の習近平・国家主席と専用機で城南(ソンナム)のソウル空港に到着し、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官夫妻、権寧世(クォン・ヨンセ)駐中国大使夫妻、趙允旋(チョ・ユンソン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政務首席らの歓迎を受けた。

習主席と共に青瓦台で開かれた公式歓迎式に参加した後、趙允旋首席と羅善華(ナ・ソンファ)文化財庁長の案内で昌徳宮(チャンドックン)を見て回った。彭夫人は昌徳宮境内の仁政殿(インジョンジョン)を見学して「現代と過去が共存する姿が見栄え良い」として「(ドラマの)『大長今(テジャングム、日本タイトル・宮廷女官チャングムの誓い)』の中に入ってきたようだ」と所感を明らかにした。朝鮮時代、科挙の試験場として使われた暎花堂(ヨンファダン)の前では伽耶琴(カヤグム)演奏を聴いた。

キム・ヨンテク画家の芙蓉亭(プヨンジョン)の版画入りの牌とチョガクポ(韓国キルトのポジャギの一種)のペアスカーフ、ハングルで「星」と「花」が彫られた栓抜きもプレゼントされた。趙首席は最近、中国で旋風的な人気を呼んだ韓国ドラマ『星から来たあなた』に言及して、「星」は習主席が使い「花」は彭夫人が使えば良いという話をして雰囲気を盛り上げた。彭夫人は「夫が、星から来たあなただったらいい」と笑って応えた。彭夫人は趙首席に蓮華の花模様の大きな皿を、羅庁長にはシルクに紫禁城が描かれた絵をプレゼントした。彭夫人は雨がやんで日差しが出ると「この日差しは朴槿恵(パク・クネ)大統領がもたらしたもの」とも話した。今回の習主席夫妻の訪韓は「夫婦の礼」を備えて韓国を訪れたいという中国側の意思が反映されたものだ。

彭夫人は、トウ小平以来中国の「第一夫人(ファーストレディ)」は対外活動に積極的に参加しないという慣例を破った。彭夫人は人民解放軍の歌舞団所属で幼少時から芸術家の道を歩んだ。1962年山東省のウン城県で、文化館長の父と劇団出身の母の間に3人きょうだいの長女として生まれた彭夫人は、母から音楽を学んだ。文化革命時は親戚が台湾軍にいたという理由で反革命分子の家として農村で苦労もした。だが77年、山東省の現山東芸術学院に入学して歌唱力を認められた。毎日4時間ずつピアノの練習をしていた努力派だった彭夫人は、済南軍区戦衛歌舞団団員として活動して82年、中国中央テレビ(CC-TV)の『春節晩会』に出演して『希望の野原で(在希望的田野上)』を歌い、大衆の注目を浴びた。彭夫人は清らかな歌声が卓越していた上に、中国人が愛する民謡風の歌を好んで歌った。また辺境部隊を回って慰問公演に参加するなど一般歌手とは違う歩みを見せた。

国民的スターになった彭夫人は86年、友人の紹介で福建省廈門市の副市長だった習主席に出会った。当時、習主席を初めて見た彭夫人は、田舎くさく、ふけて見える姿に失望したという。だが習主席が口を開くと、すぐに考えが変わった。ほかの男性たちは自身に、出演料がいくらなのか、流行する歌が何かなど尋ねたりしたが、習主席は「声楽にはいくつの唱法があるのか」と尋ねたという。彭夫人は後日、「初めて会ったときに『この人こそ私の意中の彼ではないか』と思った」と回顧した。習主席もやはり「あなたと出会って40分もしないうちに、あなたが私の妻になる人だと思った」と告白したという。習主席は革命の重鎮であった父・習仲勳が文化革命で失脚して山西省の田舎に左遷されたために苦難を経験した。同病相憐の経験が2人のラブストーリーを可能にしたという解釈が出てくる。

彭夫人の両親は結婚に反対したという。家柄の高い一族に嫁入りした娘が苦労するかと思って心配したからだ。しかし2人は会って半年で結婚した。写真館で結婚写真を撮った後、すぐに結婚証を発給してもらい、知人らだけを呼んで質素な祝宴を開いた。当時、習主席の同僚たちは彭夫人を見て驚き「この人、本当に保安局長にふさわしい」と話したほど周辺ではセキュリティーが厳重だったという。彭夫人はメディアのインタビューで「家に入れば彼も政治指導者ではなく、私も歌手ではない。ただ夫と夫人にすぎない」と夫婦仲を自慢することもあった。


<韓中首脳会談>昌徳宮訪れた彭麗媛夫人…「韓国に配慮」して白い服(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓中首脳会談>昌徳宮訪れた彭麗媛夫人…「韓国に配慮」して白い服(1)

    2014.07.04 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    白いスカートとロングジャケットに濃いグリーンの花形ブローチをつけた彭麗媛夫人(右側)が3日、趙允旋(チョ・ユンソン)政務首席と共に昌徳宮(チャンドックン)境内を見学している。
    TOP