주요 기사 바로가기

<韓中首脳会談>非核化の対象…朴大統領は「北朝鮮」、習主席は「韓半島」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.04 09:01
0
3日の韓中首脳会談で最も大きな関心を集めた北核対応の部分において、中国の前向きな態度の変化はなかった。韓国もやはり、中国が望んでいるアジアインフラ投資銀行(AIIB)参加について明確な立場表明をしなかった。韓国は米国を、中国は北朝鮮を意識するしかない現在の状況が反映されたものだ。

2時間45分間の単独・拡大会談に続いて開かれた共同記者会見で、朴槿恵(パク・クネ)大統領は「両首脳は北朝鮮の非核化を実現し、核実験に決然と反対することで志を同じくした」と話した。だが続けて習主席は「韓半島(朝鮮半島)の非核化の実現と平和安定の維持が6カ国協議の参加国の共同利益に符合する」とした。朴大統領は非核化の対象を北朝鮮、習主席は韓半島と表現したのだ。韓中の共同声明にも「双方は韓半島での核兵器開発に明確に反対するとの立場を再確認する」と明示された。韓国が要求した「北朝鮮の非核化」や「北朝鮮の核実験反対」という表現は入らなかった。大きな枠組みで北朝鮮を刺激したくない中国の立場が反映されたものと解釈できる。

だが昨年、核兵器開発を「深刻な威嚇」と表現していたのに今回は「明確に反対」としたのは、多少韓国側の立場を配慮した結果だという分析だ。無条件での6カ国協議の再開を主張する北朝鮮を代弁してきた中国が「6カ国協議の条件を用意する」という表現を盛り込むことに合意したのも意味がある。

峨山(アサン)政策研究院のキム・ハングォン中国研究センター長は「北核の部分においては、全体的には中国が望む大きな枠組みが維持されたが、細部のロードマップの部分では韓国の立場を尊重した跡がうかがえる」と評価した。キムセンター長は「韓日米が主張する6カ国協議の再開条件があまりに強硬だと指摘してきた中国が、条件を用意すると述べたのは今回の首脳会談で意見の違いを狭めるための深い議論があったことを傍証するもの」と分析した。

韓半島統一の部分においては共同声明にドレスデン宣言の主な内容が指摘された。また「中国が南北関係の改善のために傾けた韓国の努力を積極的に評価し、韓半島の平和的統一の実現を支持した」という文面が含まれた。北朝鮮がドレスデン宣言を誹謗する状況において中国が支持の意思を明らかにしたことは、習主席の訪韓目標の1つが韓日米の安保共助の牽制だということが分かる。慶南(キョンナム)大学政治外交学科のキム・クンシク教授は「中国が韓国の立場を考慮したのは、米国から韓国を“牽引”しようとする意図があったため」としながら「だが『ドレスデン宣言を支持する』という表現が出てこないのは、中国が北朝鮮を捨てるつもりがないという傍証」と説明した。

中国が望み、米国は憂慮している韓国のAIIB参加については米中の立場を折衝した結果となった。中国は主にアジア地域の開発途上国支援のためにAIIB設立を主張したが、米国中心のアジア開発銀行(ADB)と競合するAIIBについて米国は好ましく思っていない。米国が韓国のAIIB参加にも憂慮を示す状況で習主席の訪韓となったのだ。共同声明では「双方はアジア経済発展のためのインフラ投資拡大の必要性について共感した。中国はAIIBの設立関連提案を韓国に説明し、韓国はこれを高く評価した。双方は引き続き協議することにした」とだけ表現された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP