주요 기사 바로가기

フェラーリ支社長「韓国の名品ブランドの勢い、明らかに弱まっている」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.03 16:40
0
「驚いた。清潭洞(チョンダムドン)には数多くの名品ブランド展示場がある。私が20年前に韓国に来た時はそうではなかった。しかしすべてが本当の“ラグジュアリーブランド”ということはできない。事業を拡大する過程でラグジュアリーの核心といえる“希少性”を失ったからだ」。

1日、ソウル江南区清潭交差点。バーバリー、ドルチェ&ガッバーナなど名品ブランド店が並ぶここに、あるイタリア人男性が現れた。彼は朝からいくつかのブランド店を回ると、指を折り始めた。「何をしているのか」と尋ねると、「本当に名品ブランドだといえるところを数えている」という言葉が返ってきた。フェラーリのジュゼッペ・カッターネオ極東アジア総括支社長の言葉だ。

カッターネオ支社長は先月30日、新車「カリフォルニアT」の韓国公開のために訪韓した。新車の点検のため清潭交差点にあるフェラーリ清潭展示場を訪れた。カッターネオ支社長は「韓国は過去20年間に名品ブランドが最も多く成長した国の一つだが、今ははっきりとその勢いが弱まっている」とし「フェラーリはブランド希少性を守るために、年間1万1000台まで生産可能な車を7000台限定生産するという原則を守っている」と強調した。

 
--フェラーリの車を販売する国を少なめに50カ国としても、年間7000台なら1国あたり140台にしかならない。希少性戦略にこだわる理由は。

「私たちは長い時間をかけて、ラグジュアリーブランドとは何かについて悩んできた。高価だからといって必ずしもラグジュアリーブランドになるわけではない。顧客が夢見ることができる価値を持つブランドでなければならない。そのようなブランドが経済危機を迎えてもむしろ売上が増えた。驚くべきことではないだろうか。人は移動手段を車からバスに変えることができても、夢は捨てられないからだ」


フェラーリ支社長「韓国の名品ブランドの勢い、明らかに弱まっている」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    フェラーリ支社長「韓国の名品ブランドの勢い、明らかに弱まっている」(1)

    2014.07.03 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    カッターネオ・フェラーリ極東アジア総括支社長とフェラーリが2日に韓国で公開した新型スポーツカー「カリフォルニアT」。
    TOP