주요 기사 바로가기

果物も韓流…日本産のリンゴと競争が本格化(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.03 15:54
0
「こぶしほどの大きさで丸くサクサクとした歯ごたえが特徴」。

農林畜産食品部が把握している韓国産のナシ(梨)に対する外国人の評価だ。韓国の人々は普通、秋夕(チュソク、中秋)の祭壇に上げる赤ちゃんの頭ほどの大きさのナシを好むが、外国では手に握るぐらいの大きさが人気だ。ナイフで皮をむいて食べるのではなく手に持ったまま皮ごと食べる果物と認識されている。歯ごたえも西洋の梨とは違う。もぎたては皮が丈夫だが時間が過ぎるうちにもろくなる西洋ナシは、噛んだ時にサクサクした感じがあまり出ない。こうした韓国ナシの特徴が外国で長所と認められながらナシの輸出額が毎年増加している。昨年のナシの輸出額は2011年(4726万ドル)に比べ16%増の5487万ドルと史上最高値を記録した。

ナシの輸出はさらに増える潜在力がある。メキシコが韓国産ナシを輸入することに決めたのだ。2005年10月に政府が「ナシ市場を開放してほしい」とメキシコに要請して9年後に受け入れられた。農食品部は「両国がナシについての検疫要件に最終合意し、韓国産ナシの生果実に対する輸出交渉が妥結した」と2日明らかにした。農食品部は9月ぐらいに最初の輸出物量がメキシコへ向かうと予想している。

メキシコは中南米で韓国産ナシの輸入を決めた3番目の国になった。チリとペルーはそれぞれ1999年と2013年に開放した。輸出量はまだ公式集計が不可能なほど少ない。だがメキシコは違うというのが政府の判断だ。チリ・ペルーとは違ってメキシコ人の食の好みが米国人に似ているという点からだ。昨年、韓国産ナシは2446万ドル分が米国に輸出された。それだけ需要があるということだ。農食品部輸出支援課のペク・ドンヒョン事務官は「すでに数年前から韓国産ナシがメキシコの果物商店に並んでいるという情報を現地駐在員から聞いた」として「米国に輸出された物がメキシコに渡ったと見ているが、それだけ韓国産ナシを探している人々がいるということ」と説明した。

韓国産の果物の世界進出のスピードが速くなっている。昨年の果物輸出量は2億3339万ドルで2008年(1億5490万ドル)に比べ50.7%増加した。特に昨年はリンゴ・ナシの生産量が増えて国内価格が下がった代わりに輸出競争力が上がった。台風被害が深刻だった2012年に比べて生産量が61%増えたのだ。輸出地域は、まだ東南アジアやアメリカ地域に集中している。

台湾は韓国産ナシの最大輸入国だ。昨年だけで2574万ドル分と全体(5487万ドル)の46.9%を占めた。韓流熱風の影響と共にバナナ・マンゴーのように柔らかい東南アジアの果物とは違った味が人気の秘訣だ。台湾が輸入するナシの70.4%が韓国産だ。次にナシの輸出が多い所は米国だ。ひょうたん形の米国のナシとは違った品種で競争力が出てくる。米国市場では韓国産のナシの皮の色が砂の色を思わせるという理由で「サンド・ペア(Sand Pear)」とも呼ばれる。2012年の米国の韓国産ナシの輸入物量(2446万ドル)は、アルゼンチン産(2810万ドル)に次ぐ。米国が韓国産ナシに関税を付けていないのも競争力を高めている。
果物も韓流…日本産のリンゴと競争が本格化(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP