주요 기사 바로가기

朴大統領「河野談話毀損の動き、信頼を崩す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.03 08:25
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が日本の河野談話検証に関し、「(慰安婦)被害者には心に大きな傷を与え、国家間の信頼を崩すものであり、国際社会の峻厳な声を無視する行為」と批判した。先月20日の日本の河野談話検証報告書の発表後、朴大統領の公開批判は初めて。

中国の習近平国家主席の訪韓に控え、朴大統領は先月30日、中国CCTVのインタビューに応じ、「最近、日本は慰安婦問題の強制性、日本政府の問題を認めた河野談話を継承すると言いながらも、作成の経緯を検証するとして、実際には河野談話を毀損しようとしている」とし、このように述べた。1993年8月に慰安婦強制動員を初めて認めて謝罪した河野談話を、日本政府は「政治的妥協の産物」と規定している。

朴大統領は「日本は北東アジアの繁栄と平和のために、共に協力していかなければならない重要な国」とし「一部の日本の政治指導者の誤った歴史観、退行的な言動によって、韓日関係が前に進めないことを遺憾に思う」と明らかにした。また「特に日本軍慰安婦問題は被害者の方々の生きた証言が続いている今日の問題」とし「6月8日にまた一人の被害者が亡くなり(生存者は)54人しか残っていない。本当に時間がない」と強調した。続いて「歴史の車輪を戻すことは絶対にできないため、今からでも日本の指導者が正しい歴史認識を土台に、周辺国との信頼を基礎に、協力関係を構築していくことを切実に望む」と述べた。

朴大統領は韓中関係に関し、「中国の夢と韓国の夢が一つに交わり、北東アジアの夢としてより大きくなればという期待を持っている」と話した。朴大統領はドラマ『星から来たあなた』に言及しながら、「中国での韓流、韓国での漢風が一緒に交わり、両国国民の心の距離がさらに近づくことを願っている」とも述べた。「ドラマをよく見るか」という質問に対しては、「その間、複雑な国内事情といろいろな仕事が多く、しばらく見ることができなかった」と答えた。

インタビューを行った中国CCTVの水均益記者は中国版ツイッター「微博」に直筆サインが入った朴大統領の自叙伝(『絶望は私を鍛練させ、希望は私を動かす』)の写真を載せ、中国で話題になった。この本は「2013中国優秀図書」に選ばれた。

韓国与野党は2日、日本の集団的自衛権行使を容認する決定を批判した。セヌリ党の李完九(イ・ワング)院内代表は「21世紀の正常国家が進むべき道とは大きな距離がある」と述べ、新政治民主連合の安哲秀(アン・チョルス)共同代表は「侵略国家への回帰宣言」と規定した。

崔潤喜(チェ・ユンヒ)合同参謀議長は韓日米合同参謀本部議長会議で「(日本の)韓半島(朝鮮半島)作戦区域内での物理的な軍事行動・行為は、いかなる場合にも韓国の要請と許可なしに行使されてはならない」と強調した。

朴大統領と習近平主席は3日の首脳会談で、この問題に対し共同批判するとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「河野談話毀損の動き、信頼を崩す」

    2014.07.03 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領
    TOP