주요 기사 바로가기

2NE1のBOMが薬物密輸入? YG事務所代表「正式に処方されたもの」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.07.01 15:55
0
2NE1(トゥエニィワン)のメンバー、BOM(30)が2010年麻薬類の一種であるアンフェタミンを大量密輸して摘発されたが、検察が立件猶予として処罰を免じていた事実に関し、所属事務所YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表が立場を明らかにした。

ヤン代表は1日午前7時50分、公式ブログに「BOMは4年前まで米国の大学病院で正式に処方された薬を数年間服用してきた。忙しいスケジュールで米国に行くことができなくなり郵便で受け取ったが、韓国では禁止されている薬品だったため税関で問題になった」と明らかにした。

BOMが立件猶予を受けことについて「米国の大学病院から診断書と診療記録、処方せんなどが送られてきたのですべて検察に提出した。情況と証拠が認められて何事も無く収拾した」と伝えた。

続いて「BOMの場合、輸入禁止薬品という事実を認知できなかった。ご心配をおかけして申し訳ない」と謝った。

韓国の食品医薬品安全処は欧州など一部国家でエクスタシーの代わりに使われているアンフェタミン類似物質を麻薬類に指定している。米国では医師の処方があれば服用できるが韓国では流通が禁止されている。アンフェタミンは米国では成人注意欠如多動性障害(ADHD)とうつ病の治療剤としても使われている。

これに先立ち世界日報は、BOMが海外郵便を使って麻薬類の一種であるアンフェタミンを大量密輸して摘発されたが検察が立件猶予として処罰を免じていたと単独報道した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2NE1のBOMが薬物密輸入? YG事務所代表「正式に処方されたもの」

    2014.07.01 15:55
    뉴스 메뉴 보기
    2NE1のBOM
    TOP