주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国代表が帰国、花束の代わりにアメ投げられる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.01 14:35
0
「サッカー韓国代表が国民に飴を食らわせたので、私も飴を投げる」。帰国したサッカー韓国代表が花束の代わりに(「これでも食らえ、クソ食らえ」という意味で)飴を投げつけられた。史上初の遠征8強という目標とは違い、16年ぶりにワールドカップ(W杯)で1勝もできなかった韓国代表は、30日午前5時、仁川(インチョン)空港に到着した。

質素な解団式で鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会長(52)が選手を激励している中、騒ぎが起きた。あるサッカーファンが選手たちに向けてカボチャ味の飴を数十個、3回に分けて投げた。選手を脅かすほどではなかったが、選手の足元には飴が散らばった。

「お前のせいで負けた」というインターネットコミュニティーの会員という40代のチョさんは「韓国サッカーは死んだ」と書いた横断幕を掲げた。チョさんは「洪明甫(ホン・ミョンボ)監督の人脈サッカー、義理サッカーを根絶しなければいけない。これは“官フィア(官僚マフィア)”でなく“蹴フィア(=蹴球マフィア)”だ」と言いながら怒りを表した。このコミュニティーの会員約10人は出勤時間の前に来たと言いながら急いで空港を去った。選手が入国フロアを去る前も人々の視線は冷たかった。航空会社側が代表チームの荷物を別に保管していると、50代の男性は「なぜ配慮する必要があるのか」と話した。

韓国代表は試合に負けても激励を受けることが多かった。1998年フランスW杯当時も今回と同じように2敗1分けだった。しかし当時は第3戦でベルギーと1-1で引き分け、雰囲気が変わった。頭から出血しながらも包帯を巻いてプレーした李林生(イ・イムセン)の闘魂にファンの心が和らいだ。むしろ「韓国サッカーを盛り上げよう」とし、プロサッカー場を訪れるファンが増えた。安貞桓(アン・ジョンファン、38)、高宗秀(コ・ジョンス、36)、李東国(イ・ドングク、35)のトロイカが登場し、Kリーグのルネサンスを迎えた。2011年カタールアジアカップでも3位に終わったが、最後まであきらめなかった韓国代表選手を見ようと空港に約1000人が集まり、拍手を送った。
<W杯サッカー>韓国代表が帰国、花束の代わりにアメ投げれる(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP