주요 기사 바로가기

「習主席の訪韓、韓中関係の最も重要な里程標」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.30 08:05
0
邱国洪駐韓中国大使(57)は27日、中央日報のインタビューで、「中国の習近平国家主席の来月3日の韓国訪問は、両国交流史において最も重要な里程標になるだろう」と述べた。2月に就任した邱国洪大使が韓国報道機関の単独インタビューに応じるのは今回が初めて。

邱大使は習主席の今回の訪韓について「戦略的協力パートナー関係を全面的レベルに引き上げる意味になるだろう」と述べた。しかし、「両国関係が『全面的戦略協力パートナー関係』に格上げされることを意味するのか」という質問には、「それは首脳会談で議論されるべきこと」と話した。

邱大使は韓半島(朝鮮半島)問題に関し、「早期に6カ国協議が再開されることを希望する」とし「南北双方の対話と協力を通じた自主平和統一を支持する」と強調した。

邱大使は「今の韓中関係はこれ以上はないレベル」とし「昨年新政権を発足させた両国ともに『百尺竿頭に一歩を進む』という姿勢で新しい挑戦を克服し、機会をつかまなければいけない」と述べた。また「今回の会談を通じて、政府が導いて民間が参加する一歩進んだ交流案が用意されるとみている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「習主席の訪韓、韓中関係の最も重要な里程標」

    2014.06.30 08:05
    뉴스 메뉴 보기
    邱国洪駐韓中国大使
    TOP