주요 기사 바로가기

KBS記者、W杯のADカード不正使用し取り調べ受ける

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.29 11:31
0
ブラジルのワールドカップ試合会場で21日、KBSの記者らが取材用のADカードを不正使用した容疑で現地の軍・警察に逮捕され取り調べを受けた。ADカードを借りて使ったのは報道本部所属局長の息子とその友人だったことが確認された。テロなどに備え徹底的に管理されるADカードを個人的な目的で無断使用したのは不適切な行動との批判が出ている。

ブラジルのサッカー関係者によると、21日にKBS報道本部スポーツ局の記者らが韓国対アルジェリア戦が開かれるポルト・アレグレの試合会場でADカードを不正に使って摘発された。自身のADカードを会場外にいた報道本部所属局長の息子一行に渡し入場させようとしたのが発覚したもの。逮捕された記者らは軍・警察の取り調べを受け釈放された。息子一行は観光でブラジルに行き韓国代表チームの練習を見に行ったという。

国際サッカー連盟(FIFA)はADカードを他人に貸与することを厳格に禁じている。流出したADカードがテロなどに利用されるなど万一の事態に備えるための保安措置だ。無断使用されたADカードは現場で押収され該当記者の出入りが止められる。また、今後のADカード発行にも影響を及ぼす。サッカー関係者は、「ブラジルワールドカップはそうでなくてもテロの恐れが高く、ADカードの管理は厳格だった。2002年、2006年、2010年のワールドカップではADカード譲渡問題で警察に逮捕されたケースはなかった。ADカードの不正使用は恥さらしなこと」と話した。

この話が最初に伝えられたのはブラジルメディアの報道を通じてだ。ブラジルのテレビ局RBSは21日、「韓国国家代表チームの練習を見るために韓国人がジャーナリストの友人のADカードを借りて使おうとしたが軍・警察に摘発された。警察に逮捕され取り調べを受ける過程では虚偽の陳述もした」と報道した。このニュースが伝えられるとネットユーザーの間では国際的な恥さらしという批判が出てきた。一時はMBC『無限に挑戦』のノ・ホンチョルではないのかとの推測が出されたがMBCはすぐに否定した。

本紙は該当KBS局長の立場を聞くため数回にわたり通話を試みたが電話には出なかった。ショートメッセージも残したが返答はなかった。KBSはこれと関連して23日、「ADカードの発行数があまりに少なく、やむを得ずADカードを融通して使う状況が発生したと推定される。FIFAにはすでに謝罪した」と明らかにした。また、27日にはADカード不正使用関連報道について事実関係の有無と詳しい経緯把握に乗り出した。問題が明らかになる場合、関係者らが現地から帰国し次第監査に着手する方針だと明らかにした。

一方、大韓サッカー協会広報チームのソル・ドンチョル氏は、「今回のことはFIFAが該当報道機関に今後不利益を与える可能性もある非常に異例な事案。ただKBSが韓国の代表報道機関であるだけに、FIFAとKBSがある程度協議を進めたと理解している。まだこれに対しFIFAから通知された内容はない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    KBS記者、W杯のADカード不正使用し取り調べ受ける

    2014.06.29 11:31
    뉴스 메뉴 보기
    国際サッカー連盟(FIFA)が発行するADカード。
    TOP