주요 기사 바로가기

中国「東・南シナ海は我々の領土」…地図を“縦長”に変更

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.27 10:56
0
中国の国家地図が、横型から縦型に変わった。海洋主権を強化するという意思表明だ。新華社通信は25日、国家測量地理情報局が湖南地図出版社と湖北省測量学会などが制作した4つの新しい地図の発行を認可したと報道した。ここにはこれまでの横型ではない縦型の「中華人民共和国地図」が含まれている。

の地図には東中国海(東シナ海)、尖閣列島(中国名・釣魚島)と南中国海(南シナ海)、スプラトリー諸島(中国名・南沙諸島、ベトナム名・チュオンサ-)、パラセル諸島(中国名・西沙諸島、ベトナム名・ホアンサー)、マックルズフィールド群島(中国名・中沙諸島)、スカボロー礁(中国名・黄岩島)などを中国領土として明確に表記している。これを海洋面積で見れば東・南シナ海の90%に及ぶ。

この地図は23日から市販されている。これまで使われていた地図は中国の南端海の海南島付近の海域だけを表示して南中海(南シナ海)は付属形式で追加していた。湖南地図出版社の雷宜遜編集長は「地図を見る人々が中国の全体地図を直観的に認識することによって国家海洋と領土主権を明確にする大変重要な意味を持つ」と話した。

華春瑩・中国外交部報道官もこの日「南シナ海が中国の領土だという立場は変わらず、今回の地図発行はこれを大衆に知らせるための目的」と強調した。

習近平・国家主席の就任以後、中国は東・南シナ海の海洋主権のための措置を段階的に強化している。

先月から中国が南シナ海で石油ボーリングを断行しており、ベトナムが強く反発している。また8日にはスプラトリー諸島周辺に滑走路と港湾施設を備えるための建設草案までつくった。ここは中国大陸から1370キロも離れているが、中国は漢の時代から自国の領土だと主張している。しかしベトナム・フィリピンなど周辺6カ国は暗礁がほとんど自国の排他的経済水域(EEZ)内にあるという立場だ。2012年には中国のパスポートに南シナ海全体を自国領土として表記した地図を挿入していた。

フィリピンは中国の新しい地図製作に反発した。フィリピン外務省のチャールズ・ホセ報道官はこの日「新しい地図は国際法と国連海洋法協約(UNCLOS)に真っ向から反するとんでもない膨張主義的な主張に過ぎない」と批判した。同じくフィリピンのアントニオ・カルピオ最高裁判事も「中国人と外国人が作った古地図の中にスプラトリー諸島やツカボロー礁を中国領土の一部として表記したことはただの1件もない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国「東・南シナ海は我々の領土」…地図を“縦長”に変更

    2014.06.27 10:56
    뉴스 메뉴 보기
    東・南シナ海の大部分を自国領土として表記した中国の新しい地図と従来の地図。新しい地図では紛争地域の尖閣諸島(中国名・釣魚島)などが新たに含まれ、点線表示の分ぐらい縦に長くなった。
    TOP