주요 기사 바로가기

習近平「疎通外交」、セウォル号哀悼訪問…朴大統領の母校で講演も検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.27 09:30
0
習近平・中国国家主席が7月初めに訪韓して披露する「韓国国民との直接疎通」への関心が大きくなっている。いわゆる「公共外交」だ。公共外交というのは外国国民との直接的な疎通を通じて自国の歴史・文化などに対する共感を確保して信頼を積み重ねる外交活動をいう。習主席と同行する彭麗媛夫人が、今まで韓国が見られなかったファーストレディ外交を見せるという期待も大きい。

習主席はセウォル号惨事に対する追悼の意をどのように表わすのか特に気を遣っているという。この惨事では中国人も犠牲になったため、彼らをたたえる象徴的場所に訪問する案も検討されている。4月に訪韓したオバマ米大統領がセウォル号惨事の発生当日に掲揚した星条旗を持ってきて朴槿恵(パク・クネ)大統領に渡し、檀園高校に「尊い命」の象徴であるホワイトハウスの木蓮の苗木をプレゼントしたことも中国側は意識している。

1泊2日の短い日程だが、中国は韓国国民と直接接触できる機会を必ずつくりたいという意向を伝えてきた。このような趣旨で大学講演が推進されている。両国は朴大統領が昨年の訪中の際、習主席の母校である精華大で講演した点を勘案し、朴大統領の母校・西江(ソガン)大学を訪れる案を検討中だ。国際都市でありアジア競技大会の開催地である仁川(インチョン)の松島(ソンド)にキャンパスを持つ延世(ヨンセ)大学も象徴的な意味が大きいため候補に入っている。外交部関係者は「訪問国の若者に会うのはまさに未来を共にしようという意味なので、多くの首脳が大学講演を好む」と説明した。

歴史歪曲の挑発を日常的に行っている日本への警告性の意味で抗日遺跡を訪問する案も議論されているが、距離や移動時間のために適当な場所を探すのが容易ではないという。韓国の伝統文化を感じられる古宮や歴史遺跡の訪問も可能性がある。習主席は副主席だった2009年に訪韓して、慶州(キョンジュ)の仏国寺(プルグクサ)を見て回った後に深い関心を示していた。このほかに国会演説、サムスン電子水原(スウォン)事業場の訪問などが有力だという。

「ソフト外交」は彭夫人がつとめるものと見られる。これまで習主席の海外歴訪で彭夫人は存在自体が中国のイメージ向上に寄与したという評価を受けている。「国民的歌手」出身である夫人が韓流において有意義な行動をとるだろうという推測も出てくる。習主席が2009年に訪韓した際は、政府は中国でドラマ『大長今(テジャングム、日本タイトル・宮廷女官チャングムの誓い)』で人気を独占していた女優パク・ウネを首相公館の晩餐にサプライズ招待した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習近平「疎通外交」、セウォル号哀悼訪問…朴大統領の母校で講演も検討

    2014.06.27 09:30
    뉴스 메뉴 보기
    習近平主席と彭麗媛夫人
    TOP