주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「0勝」屈辱のアジア…1勝の最後のチャンスは韓国代表

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.26 15:51
0
アジア大陸が1勝できるかどうかは、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督率いる韓国代表にかかっている。

イランは26日(日本時間)、ブラジルワールドカップ(W杯)F組の最終戦でボスニア・ヘルツェゴビナに1-3で敗れ、2敗1分けで1次リーグ敗退となった。これに先立ちB組の豪州は3戦全敗、C組の日本は2敗1分けで1次リーグを終えた。

アジア大陸はまだ1勝もしていない。最後の機会が一つ残っている。韓国だ。韓国は27日午前5時、ベルギーとH組最終戦を行う。韓国はこれまで1敗1分け。決勝トーナメント(16強)進出へのわずかな望みをつなぐため、必ず勝たなければならない試合だ。同時にアジアチームの初勝利という使命感も持ってベルギー戦に臨まなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「0勝」屈辱のアジア…1勝の最後のチャンスは韓国代表

    2014.06.26 15:51
    뉴스 메뉴 보기
    アジア大陸が1勝できるかどうかは、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督率いる韓国代表にかかっている。
    TOP