주요 기사 바로가기

ソフトバンク孫正義会長「涙のないアトムが残念で感情ロボットに着眼」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.24 16:25
0
人のように両足で歩いて喜怒哀楽を感じることができる存在を作り出すことは人間の長年の夢だった。メアリー・シェリーの小説『フランケンシュタイン』(1818年)の怪物や童話『ピノキオ』(1883年)の木人形はロボットの元祖とも言える。それ以降出てきた映画や小説はすべて「人間に似ていている生命体」を作りたい人間の長年の欲望を込めたこれらの“変種”だ。

韓国に紹介されたロボット映画の祖は「鉄腕アトム」だ。アトムは漫画の中で、遠い未来の2003年4月7日、科学者の天馬博士が交通事故で失った息子に代わる存在として新宿で作られた。しかし天馬博士の心変わりでサーカス団に売りとばされたアトムは「ロボットの人格」を信じるお茶の水博士の助けで地球の平和のために超能力を使うロボットになる。

このようなアトムのコンセプトは世界最初の2足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」や感情ロボット「Pepper(ペッパー)」などにつながる日本ロボットの系譜にも影響を及ぼしている。孫正義ソフトバンク会長はペッパーを公開して「アトムが泣き方を知らないことが残念で、感情ロボットに着眼した」と明らかにした。

ハリウッド映画『A.I.』(2001年)もアトムのコンセプトを借用している。冷凍治療中の息子を恋しく思う夫婦のもとに養子として送られるが、結局は捨てられてさまようことになる少年ロボットのデイビッドの旅程を描いた。ハリウッド映画ではロボットと人間が共存する未来をもう少し具体的に描いている。人間よりも人間らしいロボットの悩みやロボットの道徳性、ロボットの愛のような哲学的ながらも遠からず人類が悩まなければならない問題を扱っている。特にアイザック・アシモフの科学小説を原作にした『アンドリューNDR114』(1999年、小説タイトル『バイセンテニアル・マン』)、『アイ、ロボット』(2004年、小説タイトル『われはロボット』)はロボットの人格と感性を扱った代表的な映画に挙げられる。

その一方、ロボットの反撃を扱った映画も多い。古典はアーサー・クラークの小説をスタンリー・キューブリック監督が映画化した『2001年宇宙の旅』のなかの人工知能コンピュータ「HAL」だ。木星探査船ディスカバリー号を制御するコンピュータ「HAL」は、結局は自身の機能を停止させようとする乗務員と敵対してしまう。「HAL」が肉体のないコンピュータだったとしたら、ターミネーターの中のロボットは自ら考え判断することができる人工知能の物理的な破壊力を見せた映画だ。

最近話題になった映画『her/世界でひとつの彼女』は2025年、女性のアイデンティティを持つコンピュータ・オペレーティング・システムのサマンサと恋に落ちた一人の男性についての話だ。肉体のない対象と理性的な恋に落ちることができるものなのかと思うが、ビッグデータを扱い学習するサマンサは通常のロマンチック映画の主人公に劣らない、完ぺきな“彼女”として登場する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソフトバンク孫正義会長「涙のないアトムが残念で感情ロボットに着眼」

    2014.06.24 16:25
    뉴스 메뉴 보기
    鉄腕アトム
    TOP