주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>海外メディア、韓国代表の競技力を酷評

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.23 14:42
0
アルジェリアに2-4で完敗したサッカー韓国代表の競技力を海外メディアが酷評した。

クリス・ウェイドルは23日(日本時間)、英公営放送BBCを通じて、「韓国の全般的な競技力は情けなかった。このようなレベルの競技力はワールドカップ(W杯)の舞台で許されず、結局、それだけの結果となった」と冷静に述べた。

英日刊紙ガーディアンも韓国の敗戦について、「韓国の前半戦の競技力は不安と無能を行き来した」と酷評した。さらに中央DF金英権(キム・ヨングォン)を皮肉った。「金英権が所属する広州恒大のマルチェロ・リッピ監督は彼について『マンチェスター・ユナイテッドでも十分にプレーできる選手』と評価したが、今日の競技力を見ると、英国クラブの最近の没落をかっこよくよく説明する告発、または非常に不正確な陳述のようだ」と書いた。

AP通信は「前半はゴールに向かってシュート1本も放てず、アルジェリアの攻撃を防ぐのに苦しんだ。逆襲で4つ目のゴールを許し、希望は消えた」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP