주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>通用しない朴主永カード…洪監督の「義理」に批判の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.23 09:23
0
「義理」という声を聞きながらも朴主永(パク・ジュヨン)を選抜した代償は大きかった。朴主永はロシア戦に続き、今回も沈黙した。

朴主永は23日、ブラジル・ポルトアレグレで行われたれたブラジルワールドカップ(W杯)1次リーグのアルジェリア戦で、これといった活躍を見せられなかった。洪明甫(ホン・ミョンボ)監督はまたも朴主永をストライカーとして起用したが、ゴールどころかシュートも放てなかった。朴主永は57分間プレーし、5.84キロ走った。13回のパスがすべてだった。前半21分には空中のボールを競り合わず、突破を許すという場面もあった。

ロシアとの第1戦で1本のシュートも放てなかった朴主永は、第2戦も0ゴール0アシスト0シュートだった。結局、後半12分に金信旭(キム・シンウク)と交代した。一緒に先発出場した孫弘敏(ソン・フンミン)が後半5分にばん回のゴールを決めたのとは対照的な姿だ。

 
一部からは洪明甫監督の選択が失敗したという評価が出ている。当初、朴主永の代表抜てきには批判の声が多かった。朴主永はこの3年間、所属チームのアーセナルとワトフォードでほとんど出場機会を得られなかった。実戦感覚が落ちるところまで落ちた状況だったが、洪明甫監督は「代案がない」という理由で朴主永を抜てきし、またチャンスを与えた。

洪明甫監督は就任当時、「所属チームで活躍していない選手は選抜しない」という原則を設定した。しかし朴主永は今回のW杯メンバーに堂々と合流した。所属チームで活躍していない尹錫栄(ユン・ソクヨン)も代表入りした。Kリーグ最高のスター李明周(イ・ミョンジュ)は脱落した。金珍洙(キム・ジンス)のけがのために抜てきされた朴柱昊(パク・チュホ)も当初はメンバーに含まれなかった。このため洪明甫監督は実力より「義理」ばかり強調するいう声が出ていた。

朴主永だけではない。洪明甫監督は失点が多く安定感を欠くGK鄭成竜(チョン・ソンリョン)を主力にした。W杯本大会前のガーナとの親善試合で4失点したが、洪明甫監督は鄭成竜を信じた。Kリーグで最高の防御率を誇る金承奎(キム・スンギュ)という代案があったが、選択は鄭成竜だった。

鄭成竜はこの日の試合でも4失点した。特に2失点目の場面ではCKの状況で飛び出し、ボールを処理できずゴールを許した。

1敗1分けとなった韓国が決勝トーナメントに進出するには、27日のベルギー戦に必ず勝ったうえで、ロシア-アルジェリア戦の結果を待たなければならない状況となった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP