주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>H組最下位の韓国、決勝T進出の可能性は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.23 08:37
0
韓国がアルジェリアに2-4で敗れ、決勝トーナメント進出が極めて厳しくなった。

23日午前4時(日本時間)にブラジルのポルト・アレグレで行われたワールドカップ(W杯)1次リーグH組第2戦で、韓国はアルジェリアに2-4で完敗した。

前半に0-3とリードを奪われた韓国は、後半に孫弘敏(ソン・フンミン)と具滋哲(ク・ジャチョル)がゴールを決めたが、アルジェリアに追加ゴールを奪われ、試合をひっくり返すことはできなかった。

これを受け、韓国の決勝トーナメント進出は非常に難しくなった。韓国は1敗1分けで、第2戦でベルギーに0-1で敗れたロシアと同じ勝ち点1だが、得失点(-2)でロシア(-1)を下回り、H組最下位となった。

アルジェリアは1勝1敗(勝ち点3)で組2位に浮上した。ベルギーは2勝(勝ち点6)で組1位となり、第3戦に結果に関係なく16強入りを決めた。

韓国の16強入りの可能性はまだ消えていない。韓国はベルギーとの第3戦で必ず勝たなければならない。アルジェリアは第3戦でロシアに勝てば勝ち点6となり、自力で決勝トーナメント進出を決める。しかしアルジェリアがロシアと引き分ければ、韓国とアルジェリアが1勝1敗1分けで勝ち点4で並ぶ。ただ、得失点でアルジェリアが「+1}、韓国は「-2」という状況であるため、韓国は大量得点が必要だ。

また、ロシアが勝てば韓国とロシアが1勝1敗1分け(勝ち点4)で並び、アルジェリアは1勝2敗(勝ち点3点)で組最下位となる。ロシアは現在、得失点「-1」、韓国は「-2」。韓国の多得点が必須という状況だ。

韓国は27日(日本時間)、サンパウロでベルギーと1次リーグ最終戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP