주요 기사 바로가기

韓国-トルクメニスタン、12兆ウォン経済協力へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.21 11:30
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は20日、トルクメニスタンの首都アシガバートの大統領宮で、ベルドイムハメドフ大統領と首脳会談をした。トルクメニスタンは朴大統領の中央アジア3カ国歴訪のうち最後の国で、韓国の大統領が訪問したのは初めて。両国間の首脳会談は3回目となる。

永世中立国のこの国は天然ガスの埋蔵量が世界4位。天然ガス田開発のための大規模インフラ建設の需要が発生している中央アジアの新興経済国だ。

朴大統領はこの日の首脳会談で、「キヤンリ化学処理プラントプロジェクト」で今後10年間の70億ドル規模の石油化学製品販売権、「ガルキニシュガス脱硫設備」で生産される今後5年間・7億5000万ドル規模の硫黄販売権を確保した。また、両首脳は20億ドル規模の「セイディ化学コンプレックス建設」協力、30億ドル規模の「ガス液化プラント建設」協力、1億ドル規模の「2017アジア室内舞踏大会」関連行事用のバス導入など、新規大型事業への参加に合意したと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は明らかにした。

キヤンリ化学処理プラントプロジェクトなど両国間の主な経済協力事業には、現代エンジニアリングとLG商事がほとんど参加している。両国間の協力が予定通りに進行すれば、両国の経済協力規模は128億ドルに達する見込みだ。

青瓦台の関係者は「ガス液化プラントの建設は日本が、アシガバートのバス導入には中国が関心を見せたが、首脳会談に合わせて韓国への贈り物となった」と話した。朴大統領は会談後の記者会見で「私のユーラシア・イニシアチブ構想への支持に感謝している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国-トルクメニスタン、12兆ウォン経済協力へ

    2014.06.21 11:30
    뉴스 메뉴 보기
    トルクメニスタンを訪問した朴大統領が20日(現地時間)、アシガバートの大統領宮でベルドイムハメドフ大統領と会談をした。これに先立ち両首脳が儀仗隊を閲兵している。
    TOP