주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>FIFAが事実上誤審を認定? 西村氏、次の試合は第4審判

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.19 11:04
0
日本人国際サッカー連盟(FIFA)審判の西村雄一氏が次の試合では第4審判を務めることになった。事実上、FIFAが誤審を認めた格好だ。

19日(日本時間)、AP通信によるとFIFAは今月20日に開かれるブラジルワールドカップ組別リーグE組第2次戦のホンジュラス対エクアドル戦に西村氏を第4審判に配置し、オーストラリア出身のベンジャミン・ウィリアムス氏を主審とした。西村氏は開幕戦の主審から第4審判に“左遷”されたといえる。

西村氏は13日にブラジルのアレーナ・デ・サンパウロで行われたブラジルとクロアチアの2014ブラジルワールドカップ公式開幕戦の主審を務めた。後半24分、ペナルティエリアでクロアチアDFのデヤン・ロブレン(25、サウサンプトン)がブラジルFWフレッジ(31、フルミネンセ)の肩を引っ張ったという理由でPKを宣言した。

クロアチアは試合後、フレッジが両手を大きく広げながら倒れたことについて「シミュレーション・アクション」だったとし、審判判定に異議を申し立てていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>FIFAが事実上誤審を認定? 西村氏、次の試合は第4審判

    2014.06.19 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    西村雄一氏
    TOP