주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>ロシアとの決戦控えた韓国監督「ピンクから赤へ」(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.17 17:50
0
「明日はピンクから赤になることを期待する」。サッカー韓国代表の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(45)が、意味深長な言葉を述べた。洪監督は米マイアミキャンプ中、代表チームの戦力をピンクに例えた。紙の白から代表チームのカラーである赤に変わる中間過程という意味だった。

18日にブラジル・クイアバで行われるブラジルワールドカップ(W杯)1次リーグH組の韓国ーロシア戦を控え、「ロシア戦が明日に迫ったが、色は赤になったのか」という質問に対し、洪監督は「完成していなくても完成したと話さなければいけないようだ」と言って笑った後、「今日寝て起きれば赤になっていると期待する」と述べた。

洪監督は「韓国はとても若くてエネルギーがあふれるチームだ。少なくとも負けない試合をすることが非常に重要だと考える」とし「選手を最初から今まで信じてきた。今後もその気持ちに変わりはない」と述べた。

--明日、重要な初戦が行われる。

「W杯が開幕してから数日が過ぎたが、我々は明日、初戦を行う。今日の練習ですべての練習を終えた。明日、選手たちが競技場に出て、最善を尽くし、悔いのない試合をすると信じる」

--ヒディンク元監督からはどんな助言があったのか。

「頑張ってほしいという言葉を受けた」

--W杯を準備しながらロシア戦に焦点を合わせるということだったが、どれほど準備できたのか。

「これまで多くの不足があったが、不足する時間の中で最善を尽くして準備した。選手が最善を尽くすと信じる」

--ロシアは韓国のように守備が強く、組織力が高い。似たカラーのチームが対戦することになったが、勝負はどこでつくだろうか。

「両チームともにチャンスがあると期待している。ゴール決定力が試合を分ける可能性があると考える。どのチャンスで得点するかが試合を左右するのではないかと思う」

--韓国は孫興民(ソン・フンミン)らが含まれた若いチームだ。

「我々のチームはとても若く、エネルギーがあふれるチームだ。選手は若いが、競技場内では十分に良い判断をするだろう。選手は今後、大韓民国のサッカーを率いていく立派な選手たちだ」

--最近の親善試合2試合ではゴールがなかった。

「得点ができなかったのは事実だが、選手は多くの努力をした。FWは得点の他にもすることが多い。自分の役割を果たすことを望む。前線での役割だ。すべて十分に知っていると考える」

--ヒディンク監督とロシアのアンジで一緒に過ごしたが、ロシア代表について話をしたのか。

「私がアンジにいた頃、代表チームの話は一度もしなかった。私がアンジにいる時に一緒にいた選手がロシア代表に2、3人いるが、その選手の長短所については知っている。特にロシア代表チームについては話さない」

--H組3カ国の関係者や記者は韓国の練習場を訪れなかった。ロシア代表のカペッロ監督は「韓国選手の名前をすべて知る必要はない」と述べた。やや無視されているアンダードックの立場だ。

「韓国の名前は覚えるのが容易ではない(笑)。ロシア代表に世界的に有名な監督がいるのは事実だ。選手はおそらく明日の競技場で最善を尽くすだろう。無視されているとは思っていない。今は客観的な戦力で評価されるしかない。問題はない」
<W杯サッカー>ロシアとの決戦控えた韓国監督「ピンクから赤へ」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>ロシアとの決戦控えた韓国監督「ピンクから赤へ」(1)

    2014.06.17 17:50
    뉴스 메뉴 보기
    洪明甫(ホン・ミョンボ)監督
    TOP