주요 기사 바로가기

傾斜や亀裂…工事中ビルの28%に問題=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.13 11:40
0
忠清南道(チュンチョンナムド)地域の大型建築物の一部で、片方にバランスを失って傾く、いわゆる不等沈下や亀裂などの安全問題が発生した。

忠清南道は先月12日、牙山市屯浦面(アサンシ・トゥンポミョン)のオフィステル崩壊危険事故以降、道内で工事中の建築物に対する緊急安全点検を実施、28件の建築物で問題点を発見したと12日明らかにした。点検は先月21~27日に公務員や建築会社など81人で構成された15の点検班が実施した。点検対象は大型新築建築物100カ所で、設計どおりに施行されているか、監理者の監視実態が適正なのかなどについて点検した。

点検の結果、舒川(ソチョン)のA店舗では不等沈下が発生し、安全診断や基礎補強などの措置がなされた。天安(チョナン)のB店舗は基礎工事の過程で、地耐力(地盤が構造物の圧力に耐える力)テストを経ずに検査結果の通知を指示した。結果が基準値に達しなければ工事中断や補強などを命令できる。ほかの建築物では許容値以上の亀裂が発生していたり、柱や梁の大きさが設計図面と違うように施工されていたりした。さらに問題点が発見された建築物については構造安全診断による保守補強、建築関係者の告発など現場別に是正および行政措置を行った。

 
道はこれと共に点検過程であらわれた5件の制度改善事項を国土交通部に建議した。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP