주요 기사 바로가기

【世界の中の韓国】スポーツのメッセージ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.12 11:02
0
ワールドカップ(W杯)が始まる。スポーツは楽しむものであって、誇示しようとしてはいけない。しかし、かつての共産圏諸国は選手たちを集団訓練させて国際大会で国家の地位を誇示するのによく利用した。地面を踏みしめ立ち上がり、いち早く成長してきた韓国も、選択と集中の戦略でスポーツ強国への参入に成功した。苛酷なほどの強力な練習で、選手たちを“メダル取り機”にするとの批判もないことはないが、それでも世界大会で代表チームがかき集めるメダルは、国民に大きな自負心と誇りを抱かせると同時に多くのメッセージを伝える。経済・文化などのさまざまな分野でも輝かしい発展を重ねているが、その結果をその時その時に体感しにくい一方、スポーツはメダル数と国家順位で克明に世界の中の韓国の地位を確認できるからだ。

私たちに最初に大きな感激を抱かせた国際スポーツイベントは1986年のアジア競技大会だった。中国に僅差で2位になり、「アジアの中での可能性」を確認した。2年後に開かれた88ソウルオリンピックで大韓民国は4位の戦績を上げて世界を驚かせ、ホームグラウンドの利点を勘案しても「世界の中の可能性」を確認できた。2002年韓日W杯の4強進出は、私たちが「世界の先進国になれるという確信」を抱かれてくれた。2010年バンクーバーオリンピックでキム・ヨナが獲得したフィギュアスケートの金メダルは「先進国を追い越せるという自信」を抱かせた快挙だった。

2012年ロンドンオリンピックは特別なメッセージだった。米国・中国・英国・ロシアに続き大韓民国は金メダル13個で5位に上がった。英国が享受した主催国の利点を勘案すれば、米中露の3カ国は全て1億人を超える人口大国、韓国の国土の大きさの数十倍を超える領土大国だ。国土面積世界106位、人口5000万人余りに過ぎない大韓民国が、ドイツ・フランスなどを押しのけて5位に上がったというのは、たとえスポーツだと言っても「大韓民国が先進国」であることを私たち自らと全世界に確認させた機会だった。

経済発展、民主発展、韓流などで世界の耳目が集中していた時のこの快挙は、世界の人々に、安心して韓流を楽しむ自尊心を与えてくれた。いくら大衆文化だとしても、先進国の文化消費者の自尊心としては自身より遅れた開発途上国のものならば安心して楽しむにはちょっと気が向きにくかったのではないだろうか。それでロンドンオリンピック直後に巻き起こったPSY(サイ)熱風は、世界が大韓民国に発行した「先進国だという国際公認証書」だ。その証書にセウォル号惨事がダメージを与えた。今回のW杯が国家の雰囲気反転の契機になればという思いが切実だ。

イ・ウォンボク徳成(トクソン)女子大客員教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP