주요 기사 바로가기

孫正義会長がM&Aの重要性強調

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.12 08:46
0
ソフトバンクの孫正義会長が企業家精神を強調した。1981年にソフトウェア流通会社として始めたソフトバンクはヤフーなどに対する先制的投資と買収合併(M&A)で世界的情報通信技術(ICT)グループに成長した。

企業家精神はすなわち挑戦精神だ。企業を作って率いる人たちは常に若く熱くなくてはならない。常に目覚めて動くことは企業家の必須条件だ。30年後を知るには300年後を眺望できる企業家の眼目がなければならない。

企業家だけが決断できる企業M&Aも同様だ。ソフトバンク特有の経営戦略である「二乗の兵法」の核心は2種類だ。負ける戦いはせず、戦わないで勝つことだ。デジタル時代には通常の方法では成功できない。主流市場に一気に飛び出す機会をつかまなければならない。M&Aはこうしたすべてのことを満たすものだ。

M&Aを手を添えずに鼻をかむようなことと考える人もいる。しかしただでできるのでは絶対ない。費用対効果を計るために2万ページを超える分析報告書を作る時もある。あらゆるデータを通じて可能なすべての変数を計算しているので迅速で確固とした決定を下すことができるのだ。実際に世界最大のICT見本市運営会社のコムデックスと世界最大のコンピュータ関連出版社のジフデービス買収は短い出会いによって決定された。だが、私はこのために1994年に米国で8~9カ月暮らした。当時多くの人が買収を狂ったことだと話した。しかし、私はこの買収で情報の要所を掌握できるという計算をしており、当時のM&Aがなかったとすれば現在のソフトバンクもない。

企業家の人脈管理も大変重要だ。私がマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、コンパック会長を務めたエッカード・ファイファーのような大物と漠然とした仲という点はM&Aで相手側に肯定的影響を与えた。2006年にボーダフォンジャパンを買収して移動通信事業に参入した時も同様だ。私は7カ月前からアップルのスティーブ・ジョブズと交流していた。私はジョブズとの出会いを通じiPhoneが出れば移動通信市場でも通話量でなくデータが重要な時代が開かれると予想できた。日本の移動通信市場を揺るがした破格な無料通話料金制はそのようにして出てきたものだ。

現在の企業家だけでなく成長する若者たちが企業家精神で充満する時、経済に活力が広がる。苦心の末に挑戦する山を定めた後は悩まずに前に進め。この山とあの山を天秤にかけるのは単に徘徊するだけのことだ。私は2011年11月にソフトバンクホークスが日本シリーズで優勝した時に社内向け電子メールでこうした内容を送ったことがある。これは野球チームにだけ適用されるのではない。「志を同じくする同僚と力を合わせて必ず達成するという思いで仕事をすれば実現できないことはない。行きましょう、ファイト!」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP