주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>ベルギー、ロシア、選手のけがが変数に…韓国に好材料?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.09 10:12
0
韓国とブラジルワールドカップ(W杯)H組で対戦する欧州チームが、選手のけがのため頭を悩ませている。

ベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカク(エバートン)は8日(日本時間)、ベルギー・ブリュッセルで行われたチュニジアとの親善試合で、後半17分に交代投入されたが、後半終了直前にまた交代した。ルカクは足を引きずりながらグラウンドを出た。2日のスウェーデン戦で打撲傷が疑われていたルカクはチュニジア戦でも足の痛みが再発し、ベルギー代表には大きな悩みとなった。

これに関しベルギー代表のヴィルモッツ監督は試合後、「ルカクは歩くのも難しい状態。足首に大きな打撲があり、回復には3、4日かかるとみられる」と伝えた。英BBCは「ルカクは精密検査を受ける予定だが、18日に行われるアルジェリアとのブラジルW杯H組第1戦には出場できるとみられる」と、大きなけがではないことを伝えた。

ルカクの今後の状態しだいでは、ベルギーの戦力にも影響が生じる見込みだ。すでにベルギーは選手のけがのため戦力の構成にやや困難があった。ベルギーは主力GKティボ・クルトゥワ(Aマドリード)を除いて3人が負傷し、一部の選手を交代した。4月には主力FWクリスティアン・ペンテケ(アストンヴィラ)がアキレス腱の断裂で全治6カ月の診断を受け、ブラジルW杯をあきらめた。

一方、ロシアは主将のロマン・シロコフ(FCクラスノダ)をエントリーから外した。ロシアのMFの核と評価されるシロコフは4月末、所属チームの試合中、アキレス腱を負傷し、リハビリにまい進したが、回復が遅いため、W杯を欠場することになった。Aマッチ41試合で12得点のシロコフのけがで、ロシアのMF戦力には変化が避けられなくなった。ロシアはシロコフの代わりに21歳の新鋭パベル・モギレベツ(ルビン・カザン)を抜てきした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>ベルギー、ロシア、選手のけがが変数に…韓国に好材料?

    2014.06.09 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    W杯韓国代表選手
    TOP