주요 기사 바로가기

【特別時論】朴大統領、さびしく自分だけの空間に閉じこもってはいけない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.06 14:17
0
「大覚醒(great awakening)」の時代が開かれた。心痛むセウォル号の悲劇は、人間性の危機の時代に対する社会の自覚と反撃運動を意味している。産業化と民主化を急速に成功させた大韓民国は皮肉にも、ここにきて一体自分たちはどのように生きるべきかを自問している。恐らくこの大覚醒の新しい時代を理解するキーワードは、よく見えずに周辺部に押し出された価値だろう。生命・感応・均衡・協力・回復のような単語のことだ。私はそうした点で、ある記者の表現を借りて新しい大覚醒の時代をこのように理解する。「見えないものを見るすべを知っている」リーダーの時代に移行すること…。

大覚醒の時代のためなのか最近、政府内で国家大改造という、ものすごい単語が頻繁に登場している。ところで奇異なのは、大層な物理的システムの改編や人事措置の話ばかり多いということだ。新しい時代の波と、目に見えない価値の変動への根本的探求が抜けている。その結果、国家大改造のことは話しながらも、もともと大統領制社会で国家リフォームの核心である青瓦台(チョンワデ、大統領府)の哲学や構造には視野が届かないようだ。

大統領制の原形を作り出した米国は、既存の欧州の封建制との革命的な断絶を通した新しい国家建設のために、より民主的なホワイトハウスの価値と空間構造を検討した。この過程でジョージ・ワシントンやトーマス・ジェファーソン大統領は、草の根市民共同体を重視する市民共和主義の哲学を持って、王政の広くて威圧的な空間構造の代わりに、相対的に小さくて民主的なホワイトハウスを作った。ホワイトハウスは大統領執務室と主な参謀の部屋が互いに近くくっついて意思疎通に有利だ。

このような構造とともに世論調査など共感政治のための各種技法を動員するが、それでもホワイトハウスの永遠の課題は、現場の民心との障壁だ。米国のジャーナリストのケネス・ウォルシュ(Kenneth Walsh)氏の新刊『ホワイトハウスの囚人-米国大統領の孤立とリーダーシップの危機』によれば、民主党のリンドン・ジョンソン、ジミー・カーター、共和党のリチャード・ニクソン、ジョージ・W・ブッシュはこの難題を克服できなかった。特に非常に内向的なニクソンは「さびしく孤独なライオン」と呼ばれた。彼は独りで食事をして、実力者の秘書室長であるH.R.ヘルドマンを通した間接的な民心把握に依存して失敗した大統領になってしまった。国際関係の卓越したビジョンを持ったニクソンゆえに、より一層残念な失敗に違いない。君主的な威厳を設計した青瓦台と比較すれば、ホワイトハウスははるかに人が生きている空間らしい。そのようなホワイトハウスでさえその空間の呪いを突破する難しい状況だという点は、私たちに示唆するところが大きい。
【特別時論】朴大統領、さびしく自ꪕだけの空間に閉じこもってはいけない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP