주요 기사 바로가기

「プレミアム一般席」…韓国の旅客機にはない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.03 15:40
0
「エコノミーコンフォート席は一般席を一段階アップグレードしたサービスで、2012年に初めて登場しましたが、好評を受けています。3日から就航する仁川(インチョン)-シアトル路線の場合、予約率が100%に達しています」。

仁川-シアトル新規就航を記念して2日に記者懇談会を開いたジェフリー・バニア・デルタ航空アジア太平洋地域常務は、プレミアム一般席(エコノミーコンフォート)について、「顧客には選択幅が増え、(一般席より料金が高いため)会社にも利益となる」と述べた。

片道60ドル(6万1000ウォン)ほどの追加料金を支払えば、一般席より広く、背もたれも50%ほど傾くプレミアム座席を利用できるという説明だ。デルタは全体座席数が210席の仁川-シアトル路線にエコノミーコンフォート座席を15%ほど(32席)配置した。

グローバル航空業界で「プレミアム一般席」が人気だ。体を伸ばせる空間が一般席より10.2-20.3センチ(4-6インチ)ほど広く、乗客の立場では疲労を減らせる。ビジネスクラスより価格の負担が少ないのも魅力だ。プレミアム一般席はその名前、座席の配置、サービス、料金など航空会社別に異なる。デルタ航空が一般席をやや改善した形態なら、キャセイパシフィック・英国航空・日本航空などはビジネスクラスと一般席の中間レベルだ。

キャセイパシフィックは一般席と比較して座席幅が最大4.4センチ、座席間距離が15.2センチ広い。専用カウンターからチェックインが可能で、ビジネスクラスと同じ機内食を提供するのも長所だ。キャセイパシフィックの関係者は「今年10月末まで出発の特価イベントを利用すれば、仁川-香港料金は64万1400ウォンと、一般席(40万1400ウォン)との差は20万ウォンほど」と説明した。

ブリティッシュ・エアウェイズは2001年、「ワールドトラベラープラス」という名前で、世界で初めてプレミアム一般席サービスを導入した。2012年には背もたれが39度まで傾くハンモックスタイルの座席を設置した。機内食もビジネスクラスと同じだ。

日本航空のプレミアム一般席は座席の前後の間隔が107センチと、世界で最も広い。会社関係者は「昨年11月から羽田を経由してロンドン・パリなどへ向かう路線商品を発売したが、予約が増えている」と伝えた。
「プレミアム一般席」…韓国の旅客機にはない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「プレミアム一般席」…韓国の旅客機にはない(1)

    2014.06.03 15:40
    뉴스 메뉴 보기
    「プレミアム一般席」がグローバル航空業界で人気を得ている。
    TOP