주요 기사 바로가기

「サムスン、日本モデル克服してグローバル企業に進化」=エコノミスト

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.02 16:55
0
サムスンが、家族経営の限界を超えてグローバル企業に進化したアジア企業の成功例だと英国の週刊誌エコノミスト(The Economist)が報道した。

エコノミストは先月31日「征服する世界(A world to conquer)」という題名のアジア企業特集記事で、アジアが全世界の国内総生産(GDP)の28%、世界の株式市場時価総額の27%を占めながら世界の工場の役割を果たしていると診断した。だがアジア企業の中の“スーパースター”は韓国のサムスン、日本のトヨタぐらいしかいないと分析した。多くのアジア企業が依然としてブランドパワーや国際化程度で米国・欧州の企業に押されているということだ。

それと共にエコノミストは、サムスンを「家族経営の企業集団(family conglomerate)」の段階を超えてグローバル多国籍企業に進化したと評価した。李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が1990年代、サムスンの企業文化のグローバル化、成果基盤の補償システム構築、外国人採用などに乗り出しと分析した。またグループ事業をサムスン電子中心に集中して、当初ベンチマーキングしていた日本企業モデルを克服し、中国企業らの追撃が激しくなる中で昨年は研究開発(R&D)費用支出を24%も増やした点などを主な事例として紹介した。

エコノミストは「李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がグループ経営の継承を控えている」として「だがオーナー一家の持分は少なく、むしろ機関投資家が1500億ドルに及ぶ持分を有している」と伝えた。さらに「サムスンは成功的な進化の成果を見せ、より多くのアジア企業がサムスンの事例に従う必要がある」と付け加えた。

一方エコノミストは、韓国・日本の大企業が60~90年代のアジア経済の跳躍を主導したと説明しながら、最近では中国・インドの企業が浮上していると伝えた。中国のレノボは西欧式の支配構造と外国人スタッフを雇用して成果を出しており、中国のフェイスブックに通じるテンセントはリオネル・メッシを広告モデルとして抜てきした。インドのサン・ファーマは世界最大のジェネリック医薬品企業の1つに成長し、タタ・グループは世界屈指の情報技術(IT)企業であり高級ブランド自動車メーカーになったと紹介した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP