주요 기사 바로가기

【社説】療養病院火災、どこにも安全な場所がない=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.29 11:07
0
悲惨な事故が再び起きた。昨日、全羅南道長城(チョンラナムド・チョンサン)の療養病院で火災が起こり、高齢の患者が犠牲になったのだ。今は安心できる場所がどこにあるのか不安感が先走るばかりだ。

昨日0時27分ごろ、全羅南道長城郡の「孝実践愛の分かち合い療養病院」で発生した火災で20人余りが亡くなった。死亡者の大部分が火災発生時に別館に入院中だった70~90代の患者だった。申告を受けて出動した消防隊員が火災発生から6分後の0時33分に大火をとらえ、0時55分には小火整理まで完了したが、惨事を防げなかった。警察は火がマットレスや毛布などに燃え移って出てきた有毒ガスのために人命被害が大きくなったと見ている。

警察は80代の認知症患者を放火容疑で逮捕した。だが問題は、認知症や脳血管障害などで体が不自由な患者が多数いる状況で、緊急救助と避難措置が不足していたという点だ。火災事が起こった別館には、消火作業をしていて亡くなった看護職員を含め2人だけが勤務中だった。特に療養病院がスプリンクラー設置義務の対象から除外されているというのは大きな問題点だと指摘されている。また全羅南道がセウォル号惨事を機に確認点検を指示し、今月だけでも病院の自主点検と長城郡による現地点検が実施されたが「異常なし」の判定を受けた。形式的な点検ではなかったのかと疑問に感じるしかない。2010年と昨年に療養施設の火災事故が起きたが、安全措置はまともに履行されないままだ。

さらに今回の火災は、多くの人が煙にまかれて窒息死したという点で26日の高陽(コヤン)総合ターミナル火災と同じだ。セウォル号惨事以後も、大切な命を守れなかったという無念さが続いている。昨日はソウル東大門(トンデムン)のホームプラス駐車場火災に続き、ソウル道谷(トゴク)駅に入ってきた地下鉄列車で放火事件も起きた。事故はいつ、どこで、どのように起きるかも分からない。

地下鉄などの公共交通手段や病院・ショッピングモール・学校のような不特定多数が利用する施設の安全点検は、常に最悪の状況を念頭に置いて実施されなければならない。「子供から高齢者まで安全な社会を作る」という決然とした意志と実践が、後に伴わなければならない時だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP