주요 기사 바로가기

前米国国務次官補「1つの韓国、国際社会に拡散を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.29 10:28
0
「国際社会に『1つの韓国』という認識を広めることが重要だ」。

オバマ第1期政権で対北朝鮮政策の責任者をつとめたカート・キャンベル前米国国務次官補は、韓半島(朝鮮半島)問題の解決案について答えた。「中央日報-米戦略国際問題研究所(CSIS)フォーラム」参加のために訪韓した彼に27日会った。

--南北関係をどのように解決すべきか。

「中国外交の最大の成果は『1つの中国』政策を成功させたことだ。北京政府は、台湾との分断を強化するすべての措置が中国の利益に反するという認識を国際社会に植えつけた。韓半島にも韓国というただ1つの国家だけが存在するしかないとの認識を広めなければならない。韓国に代表されるシステムによって韓半島が統一されるのは元に戻せない歴史の流れだ」

--韓国主導による統一の不可避性を認識させるには。

「最も重要なのは中国だ。中国が『1つの韓国』政策を支持することが緊要だ。幸い最近、韓中間の信頼が厚くなった。特に中国指導者の間では韓国が信頼性のある国として緊密な関係を結ぼうという雰囲気が高まった。オバマ政権もやはり韓国が中国と緊密な関係を結ぶよう願っている」

--韓日対立についての米国の立場は。

「米国は概して日本の安保政策を支持する。だが歴史問題でも一方的に日本の肩を持つわけではない。特にオバマ大統領が適切に指摘したように、慰安婦問題は人権侵害に関連したデリケートな事案だ。米国には両国の問題に割り込めば損害しかないという認識が強い。しかし米国は韓日間に真剣な対話をさせる責任があり、それでこそ国益にも役立つ」



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    前米国国務次官補「1つの韓国、国際社会に拡散を」

    2014.05.29 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    カート・キャンベル前米国国務次官補
    TOP