주요 기사 바로가기

<韓国療養病院火災>窓閉まった病室、鉄扉で遮った廊下…瞬く間に有毒ガス充満(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.29 10:13
0
消防車は早く来たが、救急車は火災申告の20分以降に現場に到着した。病室は窓が閉じられていて毒性を帯びた煙が外に出ることができなかった。体の不自由な患者の大部分は、火災が起きても医師や看護師・職員の避難誘導を受けられなかった。こうしたことが重なって犠牲が大きくなった。28日、21人の命を奪った全羅南道長城郡(チョンラナムド・チャンソングン)の「孝実践愛の分かち合い療養病院」の火災がそうだった。

この療養病院には、認知症や体の不自由な高齢者たちが主に入院していた。この日0時26分、ここの別館2階の病室でテレビを見ていたキム・ソジンさん(68)は煙っぽい臭いに気づいた。すぐに真っ黒な煙が広がった。キムさんは「煙のために前が見えず、壁をつたって抜け出した」と話した。

0時27分、病院職員の申告を受けて4分後に現場到着した消防署員は、2分後には大きくなっていた火を消した。0時55分には完全に鎮火した。別館2階の端にある多目的室(3006号)の1部屋だけが焼けた。それでも2階にいた35人中21人が亡くなった。1人は勤務中だった看護職員で、20人が患者だった。ほとんどが窒息死したものと推定される。多目的室にあったマットレスなどが燃えながら出てきた有毒性ガスのためだった。病室のドアは全て開かれていたため、就寝中か体が不自由な患者は、ほとんどが煙を吸って意識を失った。自ら脱出したのは6人だけだった。

火災が発生した3006号は、2階の片側の行き止まりにあり、すぐそばの廊下の窓が閉じられていて煙は外に抜けなかった。2階から屋上などに出て行く通路や本館との連絡路が開放されていたら、煙が早目に抜けていって犠牲を減らすことができた。しかし通路は鉄扉などで閉じられていた。認知症患者が外に出て行って事故に遭うのを防ぐためだった。


<韓国療養病院火災>窓閉まった病室、鉄扉で遮った廊下…瞬く間に有毒ガス充満(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP