주요 기사 바로가기

<韓国療養病院火災>消火器で鎮火試みた看護職員、有毒ガスなどで死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.28 09:44
0
全羅南道長城(チョンラナムド・チャンソン)の療養病院で発生した火災で、1人で勤務していた看護職員が火災を鎮火しようとして亡くなっていたことが分かった。

28日潭陽(タミャン)消防署など消防当局によればこの日0時27分ごろ全羅南道長城のヒョサラン療養病院の別館建物2階の多目的室から火災が発生すると、勤務中だった看護職員キム氏(52)がこれを鎮火させようとしたが結局、死亡した。

消防当局によれば職員は計15人が夜間勤務中で、火災が起こった場所には看護職員キム氏と病院職員ら2人が勤務中だった。

煙が感知されるや直ちに非常ベルが鳴って、キム氏は廊下に出て来て廊下の突き当たりにある多目的室で火災が起こっているのを目撃した。キム氏は共に勤務中だった同僚職員には本館にいる職員に火災を知らせて申告してほしいと要請後、すぐに消火器を持って1人で火災現場に飛び込んだ。

しかし多目的室に積まれた点滴用の瓶などから大量の有毒ガスが発生し、キム氏も結局は他の患者らと共に煙にまかれて倒れた。救助隊員は療養病院の病室と廊下に倒れていた患者らと共にキム氏を連れ出して応急処置をしてほかの病院に移送した。しかしキム氏はその後死亡が確認された。

療養病院には体の不自由な高齢患者324人が入院治療中で、火災が起こった別館2階には34人がいた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP