주요 기사 바로가기

北朝鮮の牡丹峰楽団、最高級「日本製楽器」で演奏する特権を享受(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.27 16:52
0
団員の中ではラ・ユミとリュ・ジンアや双壁をなしている。西欧型の顔に美しい歌声のラ・ユミは、17日に「勲功女優」の称号まで受けた。同じ勲功女優のリュ・ジナは表情の演技が圧巻だ。ヴァイオリンが上手なソンウ・ヒャンヒは演奏家だが東洋的な容貌で人気が高い。彼女たちは流行をリードする。洗練された短髪のヘアースタイルは、若い女性層に人気を呼んでいるという。ラ・ユミやイ・ミョンヒ、パク・ミギョンらがつけて出てきた腕輪型のアクセサリーも大流行している。輝くようなエナメルトーンのハイヒールや短いスカートなども同じだ。「牡丹峰が身につければみなファッションになる」という話が出るほどだという。

牡丹峰楽団の歌手の多くは平壌の金星(クムソン)学院出身だという。早くから北朝鮮式の唱法を学び、舞台にもデビューした。李雪主も金星学院を出て中国に留学(声学専攻)した。演奏者はほとんどが平壌音大出身者で占められているという。クラシック不毛の地である北朝鮮だが、特権層の子供や英才対象教育によって脈をつないでいるようだ。

牡丹峰楽団の公演には「音楽政治」と呼ばれる金正恩の統治コードが反映されている。「元帥様(金正恩を指す)の音楽政治の先頭に立って奉じていく一番近衛兵」(労働新聞26日付)という表現にも含まれている。「歌爆弾」という表現も登場する。公演を終わらせた団員が舞台の下の金正恩のところに走って行って歓呼する場面を演出して「恩情と配慮」を浮き彫りにする。いわゆる「親率(金正恩が直接関わるという意味)楽団」を通した宣伝扇動術だ。

北朝鮮芸術楽団の興亡史を探ってみれば、結局彼らは体制の結束と宣伝・扇動のための従属物という気がする。楽団の有効期間は、最高指導者の愛情が冷めるまでだからだ。金正恩も父から譲り受けた銀河水管弦楽団を捨てて、自分の好みどおりの牡丹峰楽団を新しく登場させた。9月の仁川(インチョン)アジア競技大会には北朝鮮選手団と共に応援団が来ると見られる。9年前の仁川アジア陸上選手権大会には当時学生だった李雪主が応援団として来た。今度はまた、どんな未来の楽団スターが隠れているのか注視しなければならないだろう。

イ・ヨンジョン外交安保チーム長


北朝鮮の牡丹峰楽団、最高級「日本製楽器」で演奏する特権を享受(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP