주요 기사 바로가기

【時視各角】朴槿恵の涙とオバマの沈黙(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.26 13:27
0
米国大統領の災難に関する演説には古くから公式がある。「短く太く」が最大公約数だ。代表的な成功例であるレーガンのチャレンジャー号爆発事故の演説は4分に達しなかった。クリントンのオクラホマシティテロに関する演説も9分にすぎなかった。国民の感情ラインに触れるためのもう一つの隠された公式は、演説の焦点を大統領自身でなく徹底的に犠牲者に合わせることだ。しかしこの神話の半分は2011年にオバマ大統領によって崩れた。

オバマのアリゾナ銃器乱射追悼演説は30分を超えたが、大変なものだった。彼は銃弾で犠牲になった9歳の少女の話を取り出し、言葉を失った。唇をかんで深く呼吸をし、感情を抑えた。右側、左側を交互に見ながら51秒間沈黙した。時には言葉よりも沈黙がより多くの真実を伝える。ニューヨークタイムズは「オバマの在任期間で最も劇的な瞬間」と書いた。

朴槿恵(パク・クネ)大統領の「セウォル号」国民向け談話の余震が1週間以上続いている。新政治連合は「謝罪は短く、涙は長かった」と非難した。一部は「すでに出てきた対策の総合ギフトセット」と話す。談話が25分も続いたため、そうかもしれない。誰も否定できないハイライトは、朴大統領が犠牲者の名前を呼びながら涙を流す部分だ。涙をふかずに画面を凝視した場面は強烈だった。

野党の「政治ショー」「ワニの涙」という反応は当然だ。浮動層を吸収する自体の動力が見えないため、反射利益に期待するしかない。しかし野党の過敏反応には「朴槿恵の涙」に対する恐れがちらつく。朴大統領は2004年、弾劾の逆風を受けて沈没していたハンナラ党の救援投手として登場し、「最後の機会を与えてほしい」という涙のテレビ演説で、沈没した党を救った。

しかし今回の涙の破壊力は今後を見なければならないようだ。涙を信じたいが、その誠意が確認されるまでもう少し見守ろうというのが社会の雰囲気だ。新首相の指名、国家情報院長と青瓦台安保室長の辞任など迅速な後続措置にもかかわらず、有権者は静かに見守り、慎重な立場だ。もしかすると、単に「セウォル号」事故の傷を癒してほしいというものではないのかもしれない。人物の交代を越え、さらに根本的な変化まで注文する感じだ。


【時視各角】朴槿恵の涙とオバマの沈黙(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP