주요 기사 바로가기

『人間中毒』が今年公開の青少年観覧不可映画で初の観客100万人

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.05.25 09:46
0
映画『人間中毒』が観客動員100万人を超えた。

配給会社のNEWが24日に明らかにしたところによると、14日に封切られた『人間中毒』は24日午後に累積観客100万人を超えた。封切りから11日目での記録だ。

これにより今年公開された「青少年観覧不可」の映画で初めて100万人動員を超える記録を立てた。昨年クァク・キョンテク監督の『友へ チング2』以来約6カ月ぶりに青少年観覧不可映画の100万人突破だ。また『X-MEN:フューチャー&パスト』『トランセンデンス』『GODILLA』などハリウッド映画の物量攻勢の中でも韓国映画としてボックスオフィス上位圏を占めている。

『人間中毒』はベトナム戦争が終結に向かっていた1969年、厳格な位階秩序と上下関係で結ばれた軍官舎の中で展開される男女の秘められた愛の物語を描く。ソン・スンホン、イム・ジヨン、オン・ジュワン、チョ・ヨジョンらが出演する。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『人間中毒』が今年公開の青少年観覧不可映画で初の観客100万人

    2014.05.25 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    今年公開された「青少年観覧不可」の映画で初めて100万人動員を超えた『人間中毒』。
    TOP