주요 기사 바로가기

「責任首相、朴大統領の決断が重要」…各界から提言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.24 12:41
0
安大熙(アン・デヒ)首相候補の前には、旅客船「セウォル号」の事故で明るみに出た社会の隅々の積弊を除去するという課題が置かれている。官僚マフィア改革と腐敗の清算、安全な国づくり、国民と疎通する公職者像の確立など、まさに大韓民国を根本から変える大改造プロジェクトだ。

政治・経済・社会・文化系など各界の元老と指導層は23日、安候補に向けて多くの提言をした。特に首相の権限と役割を明確にし、大統領に国民の声を率直に伝える責任首相を実現することを望む声が多かった。

“ミスター苦言”と呼ばれる趙舜衡(チョ・スンヒョン)元議員(7選)は「安候補は大統領選挙当時に政治刷新委員長を務め、責任首相・責任長官制の公約を強調した」とし「代読首相、書き取り首相ではなく、憲法に明示された権限を行使し、地位が保障される首相らしい首相、責任首相にならなければいけない」と強調した。

金泳三(キム・ヨンサム)政権当時に首相を務めた李洪九(イ・ホング)元首相も「国民が望む安全の確保のために、公務員の紀綱を確立するよう政府を強力に再組織することが求められる」とし「発表だけでなく、強力な執行力を見せてほしい」と助言した。このため「大統領と隔意なく討論し、責任を取り、処理する首相が必要だ」と述べた。

責任首相制度になるには大統領の決断が重要だという指摘もあった。金守漢(キム・スハン)元国会議長は「また責任と実権が消えて、以前のように手帳に記録ばかりする首相になれば、空念仏になる。これを実践できなければ、大統領に対するより大きな失望や反発として表れるだろう」と指摘した。趙元議員も「大統領が一人で国政の細かいことまで指示・命令する国政運営を変えなければ、国家改造や責任首相を期待することはできない」と述べた。

“官僚マフィア”除去、規制廃止を主導し、強力に推進するべきだという注文も続いた。李源宗(イ・ウォンジョン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)政務首席秘書官は「改造は既得権者の同意があってこそ可能」とし「国民に訴えて協調を求め、国民と一緒にするリーダーシップであってこそ、官僚マフィアを防ぐことができる。野党とも対話をするべきだ」と柔軟性を強調した。「責任のない権力は暴力」という言葉も述べた。

金大中(キム・デジュン)政権で初代中央人事委員長だった金光雄(キム・グァンウン)明知専門大総長は公務員人事と組織を総括する行政革新処が首相室の下に置かれることに触れ、「責任首相の要件はそろった」と評価した。続いて「首相が組織と人事権を掌握しながら長官らが全く動けなかった」とし「これからは憲法が定めた首相の役割を積極的に遂行しなければならない」と強調した。

匿名を求めた元首相は「安候補は行政革新だけをしてはいけない」とし「内閣を統率し、規制改革と国家競争力を高められるよう公共部門の生産性を高めることに(安候補が)率先するべきだ」と助言した。

産業界は景気回復を期待した。南閔祐(ナム・ミンウ)ダサンネットワークス代表(ベンチャー企業協会長)は「国内の企業がウォン高による輸出競争力低下とセウォル号の事故による内需沈滞で厳しい状況にある」とし「こうした状況が続けば庶民経済も影響を受けるだけに、市場安定化に関心を向けてほしい」と述べた。セウォル号の事故で優先順位から外れた規制改革に弾みをつけてほしいという声も出てきた。イ・スンチョル全国経済人連合会常勤副会長は「規制改革は個別部署に任せれば成果を出すのが難しい」とし「首相室がマクロの視点で規制改革の進展状況と成果を細かく管理してほしい」と述べた。

曹渓宗中央宗会議長のヒャンジョク僧侶は「所信を貫いて仕事をする首相を期待する」とし「国家改造のために公務員の意識を先に改造してほしい」と述べた。小説家キム・フン氏は「厳格な基準でセウォル号事件を引き起こした社会の腐敗構造を正してほしい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP