주요 기사 바로가기

「韓国、技術先導国なるにはR&D投資の失敗を認めるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.23 15:38
0
「韓国が技術先導者(First Mover)になるには企業の研究開発(R&D)の失敗を認めなければなりません」

経済協力開発機構(OECD)のアリスター・ノーラン(Alistarir Nolan)主席政策分析官が韓国の創造経済政策の成功のために出した核心的助言だ。ノーラン氏は22日、ソウルで開かれた産業通商資源部・産業技術評価管理院主催の「K-テック グローバルR&Dフォーラム」でこのような内容の「韓国産業技術政策レビュー」報告書を発表した。このフォーラムにはOECDをはじめとして▲米国国防部▲英国オックスフォード大▲BPIフランス所属の海外学識者と韓国の専門家200人--が参加した。

報告書によると、韓国の国内総生産(GDP)に対するR&D投資率は4%で、イスラエル(4.4%)に続き世界2位だ。しかし投資規模に比べてR&Dの生産性や開放性は低い。例えば人口100万人当たりの特許数が34.3個で、日本(107.2個)やスイス(89.5個の半分にもならない。グローバル技術協力の比重も1.3%で、10~20%台の先進国に大きく及ばない。

ノーラン氏は創業者や中小企業のR&D評価の際、保守的すぎる資金支援の慣行が問題だと指摘した。評価委員が革新的なアイデアより、少し創意性は落ちても成功の可能性が大きい事業を選んでいることを指している。ノーラン氏は「失敗確率が大きくても成功した時に大きな付加価値を創出できる事業に資金を支援しなければならない」とし、「最善を尽くしたとすれば失敗後の再挑戦にも不利益があってはならない」と話した。

その代わり資金支援は慎重でなければならないと強調した。韓国のR&D資金支援の対象選定は評価時間が20分しかかからないほど形式的だ。評価委員に前もって資料を出せないため、事業計画を十分に説明する機会が不足している。十分な時間をかけて何度も検討してから選定する先進国(フランス8週、英国17日)と比較される大きな課題だ。

個別資金支援以外に大きな枠組みでの政策支援が強化されなければならないとの意見も出した。ゲームベンチャー会社のような小規模企業に対するR&D税制優遇措置が代表的だ。ノーラン氏は「起業初期企業のための母胎ファンドもさらに活性化しなければならない」と話した。ただしノーラン氏は韓国政府が導入を推進しているクラウドファンディング(インターネットを通して不特定多数から資金を募るやり方)については「事業検証が難しいうえに投資家の損失が憂慮されるのでほとんどのOECD国家では許容していない」として否定的な立場を取った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、技術先導国なるにはR&D投資の失敗を認めるべき」

    2014.05.23 15:38
    뉴스 메뉴 보기
    アリスター・ノーラン氏
    TOP