주요 기사 바로가기

「海洋警察解体はポピュリズム」…文在寅議員が朴大統領を批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.21 08:30
0
野党新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)議員が20日、特別声明を出し、「朴槿恵(パク・クネ)大統領自らが変わらなければならない」と要求した。文議員は、「セウォル号沈没事故は国家の無能力・無責任のために罪のない命が死に追いやられた悲劇だ。システムと部署の表札を変えるのは弥縫にすぎない。大統領の国政哲学が人を先に考える基調へ換骨奪胎しない限り空念仏になるほかない」と指摘した。その上で、「海洋警察庁解体、海洋水産部縮小はポピュリズム処方という批判を受けてしかるべきだ」と批判した。

文議員はまた、朴大統領が原子炉設置行事出席のためアラブ首長国連邦に向かったことに対しても、「心から安全を語るならセウォル号以上の危険を抱えている老朽原子力発電所の稼動を中断させなければならない」と要求した。合わせて「朴大統領の不通と独善が続くならば“大韓民国号”は傾くほかなく、国民の憤怒が審判へと変わることになるだろう」と述べた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「海洋警察解体はポピュリズム」…文在寅議員が朴大統領を批判

    2014.05.21 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    新政治民主連合の文在寅議員
    TOP