주요 기사 바로가기

韓国人の海外旅行…行きたい所はフランス、現実は香港・中国・日本の順

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.20 13:15
0
行きたい所はフランス、でも現実は香港。

韓国観光公社の「海外旅行の実態・トレンド調査」であらわれた海外旅行に出かける観光客の胸の内だ。費用のために生まれる差だ。この調査は昨年11月に海外旅行経験がある18歳以上1000人を対象に実施された。

経費と日程に束縛されずに行きたい旅行先の1位はフランス(37.4%、複数回答)だった。豪州(35.7%)と米国(32.9%)が後に続いた。だが経費・日程を考慮すると結果はがらりと変わった。1位は香港・マカオ(36.1%)で、中国(35.5%)、日本(34.3%)、タイ(31.2%)などの選好度が高かった。フランスは10位以内に名前を上げることができなかった。格安航空会社はすでにいち早くこうした傾向に対応している。済州(チェジュ)航空は来月から香港路線を週7便から12便に増やす。香港系のHKエクスプレスも新規就航した。タイ・エアアジアXも来月に新規就航する。済州航空の関係者は「今後は近距離の国際便の増便を積極的に推進する」と話した。

今回の調査には旅行業界の階層別オーダーメード型マーケティングへのヒントも入っている。「旅行先は誰が決めたか」という質問には「本人」との回答が最も多い階層が20代女性(62.5%)と30代女性(61.5%)だった。一方、50代以上の女性はこの比率が31.9%だった。代わりに、地域の集まり(13.9%)という回答が相対的に多かった。

情報技術(IT)は海外旅行のパートナーとなった。「旅行時にモバイル端末を利用する」という回答者は半分(42.9%)に迫り、情報源もブログやコミュニティサイト(69%)が1位だった。「ソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて旅行経験を共有する」という回答も55%に達した。SNSで自宅を旅行者に提供する「ソーシャル宿泊」をしてみてもいいという回答も43.8%に達した。

だが簡単に変わらないものもある。できるだけ多くの観光地を回ることを優先視する回答(47.6%)は、1カ所で余裕のある滞在に重点を置く回答(26.3%)よりもはるかに多かった。パッケージ旅行(32%)よりも自由旅行(36.7%)をより好むが、実際の旅行では自由旅行(39.9%)とパッケージ(38.4%)が同じぐらいだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP