주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>仏メディア「ファルカオがW杯欠場」…日本に朗報

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.05.19 15:43
0
日本には好材料だ。ブラジルワールドカップ(W杯)本大会の対戦相手、コロンビアの主砲ラダメル・ファルカオ(ASモナコ)が出場しない可能性が高い。

仏最大日刊紙レキップは19日(日本時間)、「ファルカオはけがの回復が遅れ、ブラジルW杯本大会に出場できないだろう。近く公式発表される」で報じた。

ファルカオは1月22日、フランスリーグカップの試合中、左ひざ十字靭帯を断裂した。全治6カ月という診断を受けたが、13日に発表された予備名簿には含まれた。しかし出場は不透明だ。

ファルカオ自らもスペインスポーツ紙のインタビューで、「体調を100%にするのは不可能だ」とし「状態が良ければブラジルに行けるが、確実でなければブラジルに行けない」と慎重に不参加の意向を表した。

ファルカオは最近、またボールを蹴り始めた。ファルカオは「ひざは回復に向かっている。しかしW杯を控えた練習はまた別の問題」と話した。ファルカオの父も「60%ほど回復した状態。W杯までに100%は不可能だ」と説明した。

ファルカオが抜ければコロンビアの攻撃ラインは重量感が落ちる。セビーリャで大活躍したバッカが代わりに選ばれることが有力だ。まだ代表チームでの経験が浅く、組織力に問題があると予想される。これはブラジルW杯でコロンビアと対戦する日本、コートジボワール、ギリシャに朗報となる見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP