주요 기사 바로가기

朴大統領、談話発表日の午後にUAE実務訪問、なぜ?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.19 09:58
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が旅客船「セウォル号」惨事の渦中に1泊2日の日程でアラブ首長国連邦(UAE)を訪問するのは、国益のために必要だと判断したからだ。

閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は18日、「当初は中東主要国を歴訪する予定だったが、セウォル号の事故のため他の日程はすべてキャンセルとなった」とし「しかしUAE原発1号機の原子炉設置行事は非常に重要な国益がかかる事業であり、経済活性化に寄与できるため(大統領が)出席することを決めた」と明らかにした。朴大統領は当初、クウェート・UAE・サウジアラビアの3カ国(6泊7日)を訪問する予定だった。

午前にセウォル号に関する対国民談話を発表し、午後にUAEに出発することについては、青瓦台内部でも反対の声があったという。しかし国益も重大な事案であるだけに、日程を短縮して40時間余りの1泊3日の訪問に決めた。往復飛行時間(17時間)を除けば、実際の現地滞在は丸一日にもならない23時間程度となる。

UAE訪問はUAE側の度重なる要請を受け、訪問3日前の16日午前に決定したという。趙源東(チョ・ウォンドン)経済首席秘書官は「我々の技術で作った海外原子炉はUAEが初めて」とし「(設置式は)我々の技術で作った原子炉が国際舞台に初めてデビューする行事」と述べた。続いて「200人のうち100人以上が先進国出身のエンジニアで構成されたUAE原子力規制機関が我々の原子炉を初めて認めたという点で非常に大きな意味がある」と述べた。

行事には2月に訪韓したムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAEアブダビ皇太子が出席する。当時、ムハンマド皇太子は「原発建設工事が両国協力の最も重要なシンボル(象徴)」と評価した。

趙首席秘書官は「今回の行事を逃せば原発が完工する2017年まで国際社会に原子炉技術を誇る時間を逃してしまう」と述べた。イスラム国家のUAEが6月からラマダン(禁食期間)に入るのも“ワンポイント”訪問に影響を及ぼした。趙首席秘書官は「原子炉建設契約に劣らず重要なのは高級人材の雇用を創出する原発運営会社の設立」とし「ラマダン以前に交渉を終えるための重大なモメンタムを作るために行く」と説明した。

韓国電力コンソーシアムはUAEが発注した400億ドル規模の原発4基建設工事を2009年12月に受注した。このうち200億ドル(1基あたり50億ドル)程度は運営を通じて入る収益だ。3月17日に馬山港を出発した1400メガワット級原子炉は、先月30日に原発建設地のアブダビ西側バラカ地域に到着した。

朴大統領は歴訪中、UAEの軍人訓練を支援するために派兵されたアーク部隊の将兵も激励する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP