주요 기사 바로가기

23階建て平壌マンション崩壊…馬息嶺速度戦が招いた惨事(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.19 08:54
0
建設期間短縮のために北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)が強調してきた「馬息嶺(マシクリョン)速度」がついに惨事を招いた。政府当局者は18日、「平壌(ピョンヤン)平川(ピョンチョン)区域で13日午後、23階の新築マンションが崩壊する事故が発生し、相当の住民が死亡したことが把握された」と明らかにした。事故の場所は金正恩第1書記の執務室がある中区域から2キロほど離れたところで、最近、高層マンションの建設が行われてきた。当局者は「事故が発生したマンション1棟には全92世帯が完工前に入居した状態だった」と伝えた。韓米情報当局は対北朝鮮傍受と人的情報網のヒューミント(Humint=Human+Intelligence)を通じて事故を把握し、衛星撮影などを通じて数百人の死傷者が発生したと判断したと、消息筋は伝えた。統一部は見舞い文を伝えるなど関連対策を検討することにした。

北朝鮮は異例にも事故を公開した。朝鮮中央通信は惨事5日後の18日、「平川区域の建設場で住民が暮らす住居の施工を適当にし、それに対する監督統制をすぐにしないイルクン(幹部)の無責任で大事故が発生し、人命被害が発生した」と報じた。また「国家的な非常対策機構が発動された」と述べた。

金正恩は事故現場を訪れなかった。その代わり事故マンションの建設工事を担当してきた崔富日(チェ・ブイル)人民保安部長(韓国の警察庁長に相当)らを17日に派遣し、謝罪した。崔部長は遺族と住民に「想像もできない事故を発生させたことについて反省する」と述べた。
23階建て平壌マンション崩壊掁馬息嶺速度戦が招いた惨事(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP