주요 기사 바로가기

AIG、現代投信を買収

2001.08.23 20:30
0
現代(ヒョンデ)証券、現代投信証券、現代投信運用の3社が、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)コンソーシアムに買収される。

政府とAIGは23日、現代投信証券などに、政府が9000億ウォン、AIGが1兆1000億ウォンの合わせて2兆ウォンを出資する内容の了解覚書(MOU)を締結したと発表した。双方は今年10月末までに本契約を締結し、出資代金を11月末まで捻出することにした。

昨年6月、現代投信がAIGとの交渉を発表してから1年2カ月、今年1月に政府が直接交渉に乗り出してから8カ月で、MOUが締結されたのだ。さらに、政府は現代投信証券が保有しているソウル保証債(7700億ウォン)とリース債(3100億ウォン)など、1兆800億ウォン分の債権を買い上げることにした。

これらの債権の現価については、AIG側と食い違いを見せているため、これを全量買い入れた後、CBO(債権担保証券)プールに入れて売却することにした。

MOUによると、現代投信証券に対して政府が45%、AIGが55%の持ち株を所有することになる。AIGは現代グループや前職・現職の現代グループ関係者には持ち株を売却しない。

MOUとは別途に現代とAIGの交渉も妥結し、AIGが現代証券の新株を1株当たり8940ウォンで買い入れ、29.5%の持ち株を確保する。現代グループは、現代商船が保有する現代証券の持ち株16.6%を政府と協議したうえで第3者に任せ、議決権と経営権を放棄する。金融監督委員会の李佑?(イ・ウチョル)監督政策第2局長は「現代証券は現代グループから系列分離される」と話した。

AIGは投資金1兆1000億ウォンを、現代証券に6000億ウォン、現代証券と現代投信運用にそれぞれ4000億ウォンと1000億ウォンに分けて出資する。政府は現代投信証券に8000億ウォン、現代投信運用に1000億ウォンを出資する。政府が現代投信運用に出資した1000億ウォンに対し、AIGは出資1年後から3年間これを買い付けられる権利(コールオプション)を持つ。政府とAIGは相手方の同意なしに3年間株式を売却しないことにした。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP