주요 기사 바로가기

【コラム】中国が北朝鮮を放棄する時点(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.12 16:40
0
金正日(キム・ジョンイル)の死去後、若い金正恩(キム・ジョンウン)が登場した時、日本のある情勢分析チームは「2年以内に北朝鮮政権が崩壊する可能性は90%」という結論を出した。数字を書いたのは、その研究を委嘱した機関が計量化された結果を望んだからだ。

金正恩政権は3年目に入っている。最近ある日本メディアが「中国人民解放軍が北朝鮮体制崩壊の可能性を念頭に置いた対応策を用意した」で報じ、世界的なヘッドラインになったが、むしろ中国側は金正恩体制が安定期に入っていると見ている。この時期に中国側は張成沢(チャン・ソンテク)粛清の波紋でしばらく停滞していた朝中経済協力を活性化させようとしている。中国も西側陣営がこうした報道を朝中関係を崩そうという戦略的な目的で利用するとし、不快感を表している。

今回のニュースがなぜ騒ぎを招いたかという理由の中には、最近出ている「中国が北朝鮮を放棄するだろう」という期待感とも関係があるはずだ。中国が北朝鮮の急変事態に準備するというのは、中国が北朝鮮を放棄し、北朝鮮の崩壊に備えるという脈絡のためだ。

米国の学界でも朝中関係はホットなテーマだ。筆者が知っている人だけでも、現在、プリンストン大の学生1人、スタンフォード大の学生2人がこのテーマで学位論文を書いている。その中で大きな関心は、果たして今まで北朝鮮の各種挑発行為を我慢してきた中国がこれ以上耐えられなくなる時点、すなわち中国の対北朝鮮政策が根本的に変わる「ティッピングポイント」が何かということだ。これは中国が北朝鮮を放棄する時点になるだろう。

韓国は新羅時代にすでに唐と協力し、今日の北朝鮮の地に該当する高句麗を統一した歴史的な経験を持つ。これは新羅と唐が協力してそれぞれ得られる戦略的な期待値の間に積集合があったからこそ可能だった。歴史は繰り返される。

実際、中国の胡錦濤政権(2002-2012)末期、韓国の核心戦略家は中国が北朝鮮を放棄すべきだという「認識」に到達し、それを行動に移すことだけが残っていると診断した。北朝鮮の核実験とその後の挑発的な行為に怒った中国が北朝鮮を放棄する「ティッピングポイント」に近づいていると見たのだ。
【コ覃ム】中国が北朝鮮を放棄する時点(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP