주요 기사 바로가기

後進国型安全事故はいつまで…絶えず続く産業現場の災害=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.12 11:12
0
今月9日午前5時10分ごろ、慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)にあるポスコ浦項製鉄所第2高炉で定期修理作業中に爆発事故が起きた。この事故で設備保守専門業者の作業員ら5人が負傷した。だが、ポスコの安全担当者は定期巡回中のため事故現場にいなかった。ポスコ側は「設備保守業務はポスコ建設の担当」と釈明した。前日の8日にはSKケミカル蔚山(ウルサン)工場のC重油タンクで酸欠による事故が発生した。タンク清掃とコーティング作業をしていた作業員ら3人が窒息し近くの病院に搬送された。この日午後には冷媒ガス会社のフソンでボイラーが爆発し、1人が死亡し4人が負傷した。

セウォル号沈没事故後、「安全管理」に対する社会的関心が高まっているが、産業現場では大小の事故が絶えず続いている。昨年だけで1929人、1日平均5.3人が労働災害で命を失った。減り続けていた労災死亡者数は2011年からは再び増加傾向に転じている。雇用労働部によると労働者1万人当たり事故死亡率は0.73人(2012年)で、ドイツの0.18人(2008年)、日本の0.22人(2010年)など先進国に比べ3倍以上高い。労働災害にともなう年間損失額は19兆2546億ウォン(約1兆9156億円)で、自動車138万台の輸出額に相当するほどだ。ソウル科学技術大学のイ・ヨンソプ教授とキム・チャンオ教授は「この2~3年間に発生した安全事故は残念なことにまったく同じ人災だ」と診断した。

同じ事業所で繰り返し大型事故が起きることが問題だ。現代重工業では系列会社を含めこの2カ月で8件の人命事故が起きた。ポスコ浦項製鉄所では昨年だけでファイネックス工場火災、ガス窒息死などが起きた。現代製鉄唐津(タンジン)製鉄所では2012年以降に10人余りが死亡している。キム・チャンオ教授は「石油化学や製鉄業界の事故の大部分は老朽設備の交替中に起きた。これは1997年の通貨危機以降に企業が改善・補修周期の延長などを通じコストを節減した後遺症が現れているもの」と分析した。
後進国型安全事故はいつまで…絶えず続く産業現場の災害=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP