주요 기사 바로가기

セウォル号「魚の餌」表現…理性を失った北国防委(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.12 09:08
0
北朝鮮当局がセウォル号沈没事故で犠牲になった安山檀園高の生徒を「魚の餌」と表現する非常識な態度を見せた。惨事で国民が悲しむ間、対南非難・扇動に没頭した結果だ。

官営朝鮮中央通信によると、北朝鮮国防委員会は11日、いわゆる“検閲団談話”で、「南朝鮮の天地が旅客船セウォル号沈没事故で阿鼻叫喚の生き地獄に変わった」と主張した。国防委は朴槿恵(パク・クネ)大統領と韓国政府が「故意に特大型不祥事を起こした」と歪曲し、「幼い子どもを魚の餌として投げた維新の後えいの残酷さに民心が激憤している」と述べた。

国防委は金正恩(キム・ジョンウン)が責任者(第1委員長)である事実上の北朝鮮最高権力機構。2月には青瓦台(チョンワデ、大統領府)側と板門店(パンムンジョム)で高官級協議を開き、相互誹謗の中断などに合意した。安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター所長は「金正恩も幼い2人の娘を育てる父として、子どもを亡くした親の気持ちを損つける言動は控えなければいけない」と述べた。

国防委のこうした主張は、無人機の韓国侵入が北朝鮮の仕業と明らかになったという8日の国防部の発表を「空しくて奇怪な謀略台本」と否認する過程で出てきた。国防委は「科学と技術の時代に“記憶機”(無人機航路の記録が入ったメモリーチップ)内容を変更したり自分に必要なものを再入力することくらいは、初学徒でも手のひらを裏返すように簡単にできることだ」と述べた。また、韓国政府が6.4地方選挙に向けて「北風操作に取り組んでいる」という主張もした。

韓国国防部は直ちに反論した。キム・ミンソク報道官は「北の仕業であることを明確にした我々の調査結果に対し、韓国哨戒艦『天安』襲撃事件と同じように責任を回避し、常套的な弁解を続ける北側の態度に非常に深い遺憾を表明する」と明らかにした。北朝鮮検閲団の共同調査要求には「あたかも法律違反者が自分の犯罪行為を自ら調査するという居直りの主張であり、一考の価値もない」と釘を刺した。
セウォル号「魚の餌」表現…理性を失った北国防委(2)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP